2017-08

スズメバチが

うちの玄関の上に巣を作り始めているのを発見し、駆除しました。
幼虫の動きが誰かを呼んでいるようで可哀そうだったけど、うちの裏山に優しく投げてあげました。 頑張って成虫になってくれよ。 そして俺にリベンジに来ないでくれよ。 今度の巣作りは人家から離れた森の中でやりましょうね。
この幼虫を生きたまま食するのを見たことがあるが、栄養価が高いんだっけ。 画像検索してみたが見るんじゃなかった。







★日本の名曲シリーズその163 - 「レコードコレクターズ」日本のロック80年代以降24位
 
佐野元春 「SOMEDAY」
ジュリーのアルバムで1枚だけ持っていたのは「G.S.アイラヴユー」、そこに3曲提供したのが佐野元春、収録曲の中で光っていました。
この曲がタイトルとなったアルバムは3枚目だったのね、前2作は全く知らなかった。 この名盤が24位なんて評価低すぎ、ちなみに1位は大瀧詠一の「ロンバケ」だ。
うっすら覚えているのは当時レンタルレコード店が出来始め、このアルバムを借りてカセットに録音してマイカーでよく聴いていたっけ。
恐らくもっと多くの曲を提供し、その中から沢田がこの3曲を選んだのだと思う。 その中に「SOMEDAY」もあったはずで、沢田がこの曲が一番ヒット性が高いから君が出した方がいいよと言ったんじゃないかな。 さすがジュリーだ。

スポンサーサイト

打ち上げと打ち上げ

で種子島のロケットと安房夏祭りの花火の写真を載せようと思っていたのに、ロケットは延期になってしまいました。
うちのお客は一週間くらい滞在し山は行きつくしたということで本日トッピーにて日帰りロケットツアーに出かけたのですが残念でございました。
そしてニュースで見ましたが、キャンピングカーで早くから展望場所で待機していた多くのロケット打ち上げマニアの方たちもお気の毒でございました。
打ち上げ日は17日以降とのことですが、是非夜間発射を期待しております。 では華のやから見た花火をどうぞ。


hanabi_20170812215511376.jpg


さてプロ野球、広島が突っ走って背中が見えないタイガースですが、何とか2着を死守しております。 本日も福留の活躍で逆転勝利、メッセが骨折で離脱してこの先投手陣が厳しくなりました。 おーい、藤浪何やってんだ早く帰ってこい。
本日の試合結果、筒香の一発がなければ全試合完封勝利のレアな結果だったのにね。


kanpu.jpg


★日本の名曲シリーズその162 - なんで丸刈りにしたのだろう
 
沢田研二 「さよならをいう気もない」
けんじといえば沢田研二、ご存知タイガースのリードヴォーカルであります。
タイガース時代はすぎやまこういち作の名曲がありましたが、これはソロになってからの阿久悠、大野克夫作で多くのヒット曲を生み出しました。
私のiphoneには1300曲以上入ってますが、彼のソロ作はこれだけしか入れてなかったですね。 他に好きな曲もたくさんあるけどこれが一番好きかな。




今朝起きて

あれって感じでした。 雨は小降り、風は微風、台風はどこ行ったんだ。 えっ屋久島の真上にノルーは乗るーってか。
直撃にもかかわらず、その後も大したことはなく遠ざかって行きました。 レンタカーのお客は華のやカレーを食べ、午後からお出かけになりました。 明日も登山バスは運休決定なので、また出直して下さい。
雨も風もやんだのに店はみな休業、食事のメニューが大変です。


★日本の名曲シリーズその161 - 日本発祥のリズムだったのね
 
北原謙二 「若い二人」
北原といえば男では謙二さんですね。
ドドンパのリズムをバックに鼻にかかった声が特徴的です。 1962年発表、イギリスではビートルズがデビューした年ですね。
ドドンパといえば渡辺マリさんが有名です。 音符で表すと「♩・♩・♪♪♪(三連)・♩♪(三連)」分かりにくいですね。 
「ドン・ドン・ドドド・ドンパ」と覚えるといいでしょう。

憎き台風

5号のおかげでお客のキャンセルの雨あられ、8日くらいまで影響があるかも知れません。 この稼ぎ時に屋久島の観光業者は嘆いていることでしょう。 
でも昨日から2泊予定のお仕事客はフェリーにて到着、お気の毒ですが延泊ありがとうございます。 それでもイッテコイにはならず売上減です。
まあいつものことでしょんなかばい。 何故に博多弁。


★日本の名曲シリーズその160 - これを唄って喉を傷めたことがある
 
北原ミレイ 「石狩挽歌」
ベンチャーズは日本人の感性に訴えるメロディを作るのが本当にうまい。 パイプラインとかダイヤモンドヘッドとはまるっきり毛色が違いますよね。 同時期にヒットした奥村チヨの「北国の青い空」も名曲です。 そして彼女の旦那さんは「終着駅」を提供した浜圭介です。 浜氏の作品で一番好きなのは北原ミレイのこの曲なのでした。
検索かけると色んな人がカヴァーしてます。 憂歌団もやってんのかい。 でも何といっても本人歌唱がベストです。
昔カラオケでオリジナルキーで歌い、♪問刺し網か~~の箇所だったか、無理して声を出してしばらく森進一状態になったよな。 男子は上のAの音を出してはいけません。

ご長寿台風

5号はヤフー予報だと屋久島に向かっていますが、米軍予報だと右にカーブしてます。 
どんなルートをたどるのかまだ分からないようです。 非常に強い台風で、先ほど屋久島の古い家にお住まいの方から予約が入りました。 華のやに避難というわけですが、避難日も決まらないし、また電話下さいと答えておきました。

ベンチャーズは昨年のツアーが最後と書きましたが、先ほどCMでベンチャーズ鹿児島公演の案内がありました。 調べてみたらノーキーが引退でバンド活動は続いておりました。 鹿児島は8月27日です。 昔のギター小僧たちが集まるのでしょう。



★日本の名曲シリーズその159 - 原題は「Ginza Lights」

和泉雅子と山内賢 「二人の銀座」
「さすらいのギター」はフィンランドのインストグループでザ・サウンズ作で、ベンチャーズはカヴァーでした。 失礼しました。
これは正真正銘の彼らの作品、和泉雅子可愛かったですね。 その後冒険家になり北極点到達を女性では二人目の快挙を達成しました。
映画も観た記憶があり、確か山内率いるバンドがこの曲で売り出すのを和泉が助けて結局デュエットでデビューするみたいなストーリーだったかな。

日帰り縦走

一昨日、宮之浦岳、縄文杉両方に行きたいというお客はトレイルランニングをしており、フルマラソン3時間台で走るということで日帰り縦走をお勧めしました。 朝4時半にタクシーで淀川登山口へ、5時過ぎに歩き始め荒川登山口に着いたのが14時15分、9時間で走破しました。 さすがです。 
翌日は白谷に行くのに荒川~白谷ルート、本日は太忠岳に登り飛行機最終便で「屋久島の山を満喫しました」と言って島を離れていかれました。

今朝は奉仕作業で朝6時から草刈りがありました。 この暑さのせいか参加人数は少なかったですね。 炎天下の約2時間の作業、Tシャツとパンツは絞って水がしたたるほど汗をかきました。


kusakari1.jpg

アクエリの配給で一休み



★日本の名曲シリーズその158 - ベンチャーズ作だけど

小山ルミ 「さすらいのギター」
平尾氏の初期作品は布施明に提供しており、以前ここでも紹介した名曲「恋」や「霧の摩周湖」がありました。 
布施明と聞くと思い出すドラマ「SHは恋のイニシャル」相手役の一人が小山ルミ、ドリフの加藤ちゃんと噂になりましたね。 
元気にしているのでしょうか。 ベンチャーズは日本人の琴線に触れる曲を作るのがうまいですね。 日本ツアーでは全国津々浦々来ていただき、なんと種子島にも来てくれたんですね。 
メンバーが欠けても日本でのコンサートは続けてくれましたが、高齢のため昨年のツアーが最後とのことです。 わたしも3曲くらい少しだけ弾けます。

異常な台風シーズン

5号と9号、4つも差がある台風が同時期に存在するとは過去に聞いたことがない。
米軍台風情報を見るとそれらは8月まで生き延びるようだ。 5号「ノルー」はなんて長生きなやつなのだ。
さて屋久島に影響があるかどうか今のところ分かりませんが、海上だけを移動して消滅してくれることを祈っております。 熱低もはるか東ににふたつあり、今年の台風はは東から攻めてくるのか。



★日本の名曲シリーズその157 - ドリフがカヴァー

平尾昌晃 「ミヨちゃん」
エルヴィス、ポールアンカ、ニールセダカなどなど1960年前後の曲をカヴァーしていたロカビリー3人組の一人平尾昌晃氏が亡くなりました。
多くの昭和歌謡の名曲を世に発表し、チャリティなども積極的に行っておりました。 ご冥福をお祈りいたします。
その作品群の中で何が好きかと言われると迷うのですがこの曲にしました。 そういえば「星は何でも知っている」も幼いわたしのレパートリーだったっけ。

仕方ないけど暑いです

この前の雷のせいか、客室のエアコンの電源が入らなくなり、冷房専用機で華のや創業当時の古いものだったので買い替えました。 そしてまた冷房専用機をアマゾンで購入、以前業者から冷暖房のものよりも構造がシンプルなので長持ちするということでした。 冬は閑散期であまり使いませんしね。
前の機は24年間お疲れさまでした。 室外機は錆びてボロボロでした。

さて国技大相撲、白鵬が39回目の優勝で「サンキュー」とか、「宇良を裏返しにしてやったね」とか言いたい放題やられてます。 宇良の場合このジョークを言うための技狙いだったらもう敵いませんね。 ハーフの大関高安など、外国人に席巻されている相撲界です。 日本勢も張り切ってちょうだい。


■外国名曲シリーズその137 - カヴァーだったんかい

エルヴィス・コステロ 「She」
エルヴィスといえばもう一人はコステロですね。
映画「ノッティングヒルの恋人」を観ていい曲だなと思い、たまたま買った音楽雑誌にコード譜が載っていたのでMidiも作ったっけ。 あれま彼のオリジナルだと思ってたらシャルルアズナブールの作品だったのね。 しかも聴いてみたらほとんど完コピじゃないの。 違うところはストリングスの間奏を入れてお休みしやがったのね。
ちなみにコステロのレコード、CDなどひとつも買ったことはござんせん。 バンクのイメージがあったからね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する