2007-11

閑散期になって

観光客の予約は年末までほとんど入っておらず、仕事客、研修客がチラホラです。 まだあまり寒くないし(って俺だけかな、まだ短パン)、ここ3、4日天気は悪かったけど、本日は大快晴です。 ひんやりした空気の中の山歩きもいいもんでっせ。 屋久島の大自然を独り占めしたいのなら、来るのは今です。 この機会を逃しちゃいかんぜよ。 なぜに土佐弁じゃ。

shika.jpg

最近よくうちの裏庭に鹿が出没するし、これから鹿覗きの宿「華のや」で宣伝していこうかと思います。 運が良ければ夕食は鹿肉料理が食べられるかもって嘘うそ。

 ★昭和の名曲シリーズその2

渡辺美里の「My Revolution」 古い曲ばかりじゃないぞとばかりに昭和ギリギリの一曲でございます。 小室作品は数多くありますが、コムロ節はこれ1曲だけでいいですね。 と思っていたところ、この前戸棚を整理していたらtrfの「EZ DO DANCE」のシングルCDが出てきました。 たしかパチンコの景品だったと記憶しております。 「寒い夜だから」っちゅう唄も好きだったな。 あよーっ、俺ってもしかして隠れ小室ファン? (ほんとの小室ファンの方すまぬ) 動画はちょっと重いかな


スポンサーサイト

俺のミシュラン

三ツ星は納豆と厚揚げ焼きと大根の葉っぱである。 これで毎晩美味しい焼酎が飲めるし、米が食えるのだ。 これでいくらでしょう。 200円もしない。 大根の葉っぱなんて都会じゃ八百屋の店横に捨ててあるんじゃないかい。 こんな安上がりな男はあまりいないぞ。

atsuage.jpg
 一味唐辛子トッピング厚揚げ焼き

daikonha.jpg
 大根葉のぬかづけ

 ★昭和の名曲シリーズその1

服部良一作曲の「蘇州夜曲」です。 アンサリーがピアノとのこぎりをバックに唄っております。 数々のアーチストにカヴァーされており、ほとんど聴いていますがみんないい味出しています。 名曲は誰が唄っても名曲なのであります。 オリジナルは渡辺はま子と霧島昇のデュエットで戦前に発表されました。 中国の地名がタイトルだから戦時中は放送禁止だったんでしょうね。


ヘラクレスオオカブトの幼虫とドバイからのお客様

yochu.jpg


大きさを知ってもらうために手のひらにの乗せろようと思いましたが、さすがに気持ち悪く、CDを座布団にしてみました。 大きさが分かるでしょう。 来年の夏が楽しみです。 ではビートル繋がりで42年前のライヴをどうぞ。 すごい熱狂です。 こういうお宝映像をネットで気軽に観られるいい時代になりました。
ジョン: この歓声じゃ聞こえやしないからめちゃくちゃ弾いたろ



外国人をガイドする日本在住英国人に連れてこられた女性は何とドバイからです。 この国は税金なし、医療費教育費もタダであります。 日本もそうだったら・・・・・うわっ、うちもリッチになれる。 新町長お願い!
新町長: アホか!
今年うちに泊まられた外国人には南アフリカの男性もいらっしゃいました。 このおっさんは夫婦で日本に来て一人であちこち旅行して楽しんでいます。
スティーヴさん: ワイフは仕事、わしはバカンスじゃよ。ウッシッシ
数多い屋久島の宿で南アフリカとドバイのお客が来たのはうちだけでしょーな。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する