2008-12

みなさん良いお年を

この時期屋久島ではやくしまっぽくない若者たちがよく見られます。 そう彼らは観光客ではなく、島を出て都会に出た学生、社会人たちです。 里帰りというわけですね。 さすが都会で暮らしているだけあって垢抜けているから一目でそうと分かります。 ファッションも島の若者とはえらい違いですよ。
はたして彼らはこんな島には暮らしたくないと思っているのか、いずれは島に帰りたいと思っているのか。 どうなのでしょう。 生まれも育ちも東京の私とは正反対の立場ですからねぇ、よく分かりません。
お客6人さんは夕食が終わり、片付けながら「Red VS White Song Battle」を見ています。 知らない歌が多いです。 今「島唄」が流れています。 ブラジル移民100周年か。 ブラジルといえばボサノバ、本日の名曲はこれだ。
ということで来年も宜しくお願いいたします。

 ★昭和(平成)の名曲シリーズその40

佐良直美 「私の好きなもの」
男の人よりも女の人が好きだったこの人は今どこで何してんだべ。 この曲は和製ボサノバの名曲ですが、今聴くとアレンジがイマイチだね。 いいカバーも思い当たらないし、歌詞も変えてアンサリーあたりに唄ってほしいのぉ。





スポンサーサイト

鹿児島の初日の出は

宮之浦岳頂上が一番早く、7時7分だそうです。 淀川小屋を3時出発ですね。
本日もお客ひと組、夏から秋にかけて忙しい時は一日くらいお客がいない日があったらいいのにと思っていたのにね。 寂しい年末の華のやです、屋久島全体もかな。 
さてそんなことより本日は有馬記念じゃアリマせんか。 資金不足なので一番人気のスカーレット嬢は切って、外国人ジョッキーが活躍するレースなのでデムーロ君から4歳馬を中心に流します。 勝負の3連単には3000倍以上のオッズもありました。 これが来ればしばらくお客いなくても暮らせます。

kaimon.jpg

      冬の屋久島は空気が澄んでいるから開門岳が良く見えました

 ☆俺だけの名曲シリーズその16

浅川マキ 「マイマン」
ここでの曲の紹介は日本の唄と決めているのですが、この曲は外国曲、しかし浅川が歌えば古賀政男だろうがガーシュインだろうがロッシーニだろうが全て彼女のオリジナルになっちまうのだ。 
そういうオンリーワンの魅力も持った不思議なシンガーであります。 昔池袋の映画館で憂歌団とのジョイントオールナイトコンサートに行ってからハマってしまいました。 しかしいつでもどこでも聴けるものではありませぬ。 浅川を聴く時はそういうシチュエーションを作らなければならない。 ちょっとめんどい(せがれの口ぐせ)シンガーでもあります。


暇すぎて

ひま過ぎてこまってます。 この前の草刈りの後、腕の傷がだんだん広がって大変なことになってます。 「ハゼまけ」のようで外科に行くも水分を取る大きなばんそうこうを貼られただけで薬はもらえず、皮膚病関係に強い嫁は「そんなのありえへん」と彼女の治療でこれから良くなるのか。 やはり明日は専門医に診てもらう予定であります。
しかし観光客も仕事客も来てくれません。 この100年に一度といわれる大不況のせいでありましょう。 年末年始の予約も少なく、来年3月からはいつものように観光客は来て頂けるのでしょうか。 しばらくは溜まったDVDを観て音楽など聴きながら読書しておとなしくしています。


 ☆俺だけの名曲シリーズその15(プラス2)

タイガース 「星のプリンス」
好きな曲が数多くあれど、俺だけの名曲でどうしてもひとつ選べと言われればしゃーない「シーサイドバウンド」のB面のこれにしよう。 映画で共演している久美かおりがかわゆいよね。 「くちづけがこわい」も好きな唄なのだ。 





2着はベテラン俳優になってしまったサリーの唄う「こっちをむいて」、ジュリーなんていなくてもタイガースは問題ないのだ。



3着は「チョコレートは明治」、哀愁をおびたメロディーがしびれます。

草刈を

張り切りすぎて全身が痛い。 がけの草刈りで変な体勢をキープしながら刈りかりするから大変でした。 終わってから手首が腫れているのでハチか何かに刺されたかと思うも四箇所くらい点々と歯型みたいなものあり、げっ蛇かも。 夢中で気付かなかった。 痛みも痺れもないからマムシじゃないから良かった。 これから冬眠に入るところを起こしちゃったかな。 すまぬ。

mae.jpg
                     刈る前


ato.jpg
                     刈った後

本日午前中、せがれの持久走大会があり、観戦に行ってきました。 練習の時は「まじめに走らなかったから5番だった」とか言いやがってましたが、いざ本番、学校を一周した後グラウンドへ、3コーナーまで4着だったのに油断したのかゴール寸前差されてしまい5着、何とか掲示板には乗りましたって競馬じゃないっつーの。 なるほどね、上位4人も練習のときは手を抜いてたってことやね。 せがれの軽口にはこまったもんだぜ。

遠藤実氏が亡くなった。 氏の作品の思い出といえば、昔よく足を運んだ小さな居酒屋に住み込みで手伝っていた中国人留学生がよく唄っていた「北国の春」、彼女は、中国人はみんなこの唄が大好きよと言っていたっけ。 この曲は中国だけでなく東南アジア各国で大ヒットしたらしいね。 これはテレサテン、いいシンガーだったね。




 ★昭和(平成)の名曲シリーズその39

細野晴臣 「ろっかばいまいべいびい」
この人も引き出しをたくさん持っている人ですよね。 この作品ははっぴいえんどを解散後自分の家で録音したアルバム「Hosono House」の一曲目です。 弾き語りでヘタウマに唄っている細野君はアイドルソング作ったり、YMOやったり、アンビエントに浸ったりで、この一貫性のなさが彼の魅力といっていいでしょう。 これの譜面がなく、勝手にコードを当ててMidiを作りましたが、誰か正しいコード知らないかなぁ。




ダイエット

うちのボロヘルスメーターだと71キロくらいだったのに、この前行ったまんてん温泉のデジタル計りだとなんと73キロオーバー、こりゃいかんというわけでデーエットします。 来年春くらいまでに60キロ台まで落としましょ。 のんびり無理せずね。 
世に様々な方法があるようですが、揚げ物をやめるだけにしときましょ。 おこげ好きなので、肉はウエルダン焼きで油分を搾り出してね。 そして近場は車は使わず、徒歩かチャリでね。 とりあえずこんなもんでよかろ。

ちょっとチャリで近くをひと周り、腿がパンパン、今日は暖かく少し汗もかきました。 屋久島は冬でもハイビスカス咲いてるよ。 縄文杉はかなりの積雪らしいですけど。

hibitohana.jpg

                  ひび割れとハイビスカス

 ☆俺だけの名曲シリーズその14

上田正樹と有山淳司 「俺の借金全部でなんぼや」
コメントに書いて頂いたほんやさんの紹介で思い出しました。 名盤「ぼちぼちいこか」の中の曲で、当時まだ高価だった電卓を叩きながら聴きましたね。 答えなんかでないっつーの。 ちなみに登場人物は全て実在するそうです。
このアルバムの中の「カモンおばはん」では言ってはいけない言葉をカズーという楽器を使って表現してますね。 「とったらアカン」など面白いから是非聴いて下さい。 




泣ける映画

暇な日々が続いているので、ダビングしてたまった映画などを楽しんでおります。 昨日観たのは一ヶ月見放題無料のヤフーのストリームで「ワイルドシングス」、どんでん返しがたくさんあり、男の子にはムフフなシーンも嬉しいまあまあ楽しめた作品でした。
次にダビングしていたDVD(R)「仁義なき戦い」を観ました。 これは日本映画の傑作だと思います。 深作欣二監督は黒澤、小津安二郎に並ぶ日本を代表する映画監督ですね。 シリーズ全作持っているので続きは明日観ましょう。
さて泣ける映画というと、涙腺が切れているといわれる私ですが、かつて映像を見て泣いたのはまず「巨人の星」、甲子園決勝戦で傷ついた指をかくして花形に挑む姿に涙しない人はいないでしょう。
映画ではイタリア映画「ひまわり」、ソフィア・ローレンが戦死していないと信じながら夫マルチェロ・マストロヤンニを探し、やっと見つけた夫は・・・というところでは皆さん涙ドバーですね。 この音楽も効果抜群です。


そして日本映画では何といっても「鬼畜」、緒形拳が鬼女岩下志麻に「あんたの子供を何とかせい」と言われ、自分の子を崖から突き落とすも何とか生きていた彼は、捕まった緒形に警官から「君を突き落としたのはこの人だね」と問われ、「違うよ、とうちゃんじゃないやい」 ここで涙がジャンジャカバンバンですね。
俺は泣いた映画はこの2本だけしか思い浮かばないけど、他に絶対泣ける映画があったら教えて下さい。 


 ☆俺だけの名曲シリーズその13

古井戸 「ポスターカラー」
バックのおかっぱ頭のチャボはこの後姿を変え、RCサクセションで活動しキースリチャーズばりにギターを弾いていますね。 35年も前ですよ。 当時はジャジャカとコードをストロークするシンガーが主流の中、アコギでこんなリフを弾くやつはいなかった。 カッコ良かったねぇ。 ギブソンのハミングバードなのだが、ネックを隠してるということは他メーカーのハミングバードモデルかも知れぬ。 


お客さんがいないので

昨夜、空港向かいのまんてん温泉に行ってきました。 サウナを楽しみにしていたのですが、せがれ二人が俺といっしょに入ると言いやがったため、さすがにほっとくわけにもいかず、断念しました。 宿泊客はいたようですが、大風呂は貸切り、せがれどもは泳ぎまくっておりました。 露天にジェットバスもあり、今度はひとりでゆっくり来よう。 三岳の2合ボトルを持って。
夕食もまんてんで食べる予定も予約で満席、この周りには食べるところはみな営業しておらず、唯一イタリアンレストランがあるものの、じっとしていないせがれ二人を連れて行ったらシェフに怒られそうだし、スパにチーズ、タバスコ(置いてないと思うが)をバシバシ入れる俺もぶっとばされそうなので、宮之浦まで行きました。 
温泉に行ってスパを食べる。 おっとしゃれてるじゃん、今度どこかで使おう。
せがれに「なに食う?」 「やまとラーメン」 「やまとラーメン」 で、今夜のディナーは味噌ラーメンでございました。

 ☆俺だけの名曲シリーズその12

手嶌葵 「虹」
素晴らしいシンガー発見、アニメの主題歌「テルーの唄」で知られていますね。 彼女は英語の発音がネイティブに近いので外国曲のカヴァーで真価を発揮してくれます。 この曲は彼女が好きだというベットミドラーが同名映画で唄った「The Rose」の日本版といったところでしょうか。 
今度是非俺に選曲させてほしい。 バックは3ピースくらいでいいな。 ギターは松たか子の旦那佐橋君、ベースは細野君、パーカッションは夏木マリの旦那斎藤ノブ君、ソロヴァイオリニストに昨夜、森山良子のせがれ直太郎のバックで弾いてたオーボエ奏者宮本文昭のむすめ宮本笑里君、バックコーラスにDr.アンサリーも呼ぼう。 うちにおいで、打ち合わせしよう葵君。


手嶌 葵 「虹」 投稿者 basyoku

探検ロマン世界遺産

数日前にNHKで放映しましたが観ましたか? 屋久島は花崗岩の一枚岩が隆起した島とありましたね。 ということはですよ、地震に強いということです。 私も常々お客様に屋久島は地震がほとんどありませんと言っておりましたが、この巨大岩が崩れるほどの大地震なんて考えられませんね。 台風にも強い、治安は良い(車のロックしたことない&玄関の鍵もかけたことない)屋久島は世界一安全な地域と私は思うわけでございます。 なので危険な本土にお住まいの皆様、早く屋久島に土地を確保した方がいいと思いますよ。 筒井康隆の「日本以外全部沈没」なんてパロディがありましたが、「屋久島以外日本沈没」の方がリアリティがあるんじゃないかなぁ。 このパロディのパロディを書いてみようかな。 吉永小百合、有馬稲子、八千草薫、久我美子、仲間由紀恵が避難して華のやに女中として雇われる・・・なんてね、俺も古すぎるな。 最近のはやりの女優の名前が出てこない。
そんなバカなこと考えている場合じゃないよ、明日からしばらくお客なしじゃないか。 冬の屋久島もお客を呼べる何かを作らないといかんな。

toan.jpg

○はもらったもののちょっと心配なせがれの解答


 ★昭和(平成)の名曲シリーズその38

松田優作 「横浜ホンキートンクブルース」
久々に名曲に戻りましょう。 カップスのギタリストエディ藩の名曲です。 作詞はあの「愛のコリーダ」や「寺内貫太郎一家」で梶芽衣子の彼氏役の藤竜也ですよ。 前回紹介した石黒ケイ君もカバーしていますが、歌唱がイマイチ、
エディ藩本人も唄っておりますが、この松田優作の歌唱の方が知られているかな。 このC-E7-Am-C7-F-F#dim-C-A7-D7-G7-Gaugのコード進行が素晴らしいね。 近くにギターがある人はいっしょに弾いてみて下さい。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する