2009-04

コロ助の写真を見て

宿を華のやさんに決めました。 と言ってかわゆい二人組の女性にお泊り頂きました。 コロ助も営業してるじゃないのと、この前うちの経理をお願いしている会計士さんに、そういうわけだからコロ助の餌代も経費に出来ないのかとお願いするも、ブリーダーじゃないんだからと却下されました。

Coro-April 30
           コケ助近影(ケータイの長さ10、5センチ)

数日前に観光協会からの紹介で訪れたおじーちゃん。 年金で細々と暮らしているのかなと思ったらところがどっこい、ヴァンマッコイ。 Van McCoyといえばこの曲が有名ですね。



何と社長だよ。 他のお客に「いくらの車乗ってんの?350万、安いねぇ」だよ。 社長の車は? ベンツの600・・・だよ。 新車で2千万だよ。 でもね「身分証明忘れたので自宅からコピーをFAXしてもらうから」と頼まれましたのですが、何と交通などの割引が利用できるからとのことでした。 プロレタリアートの諸君、見習おうじゃありませんか。 こういう細かいところに気を配らないと金は貯まらんのじゃないかな。 社長さんは宮之浦岳に登りましたが、観光協会にタクシー代節約のため相乗りを頼んでおりました。 宿もうちみたいなところで他のお客との会話も楽しんでおられました。


 ★昭和(平成)の名曲シリーズその55

キャンディーズ 「微笑みかえし」
キャンディーズにも名曲認定をという声(はありませんが)に応えましょう。
同じ時期に引退記念として百恵ちゃんも「さよならの向う側」というのを出しましたが、とって付けたような作りでちょっと頂けないと思うのは俺だけか。 英語の詞もかっこ悪いよ。 百恵のキャラゆえ、どうしてもバラード調になるのだろうが、それなら「いい日旅立ち」の方が良かったね。 やっつけ仕事みたいだし、阿木宇崎コンビはテーマを与えられるより自由に作らした方がいいのかも知れぬ。 その点阿木作詞でも穂口雄右に変われば名曲が生まれるのか。 不思議なもんだ。 さて3人の見事なコーラスも聴かせてくれるこの作品は過去のタイトルを歌詞に含めるという「とって付けた」ようで、ラストナンバーにふさわしい優れたポップソングに仕上がったと思います。


スポンサーサイト

まだ暗いうちにケンケンという

キジの声に起こされ、フィーンフィーンとコロ助の朝のトイレの世話をしてからお客を見送るという日々が続いております。 もらわれて来た時の写真と見比べるとかなりでかくなりやがった。 
もうすぐGWというか、もうすでに大型連休(NHKの言い方)に入ったお客もおられます。 縄文杉登山に行かれる方は5月2~5日の4日間は一般車両の乗り入れ禁止でシャトルバスを利用することになりますのでご注意下さい。 バス代は往復2000円です。

ビートルズのリマスター盤がやっと発売されるのはいいけど、ステレオとモノラルとふたつ出るよ。 両方買わせるのかい。 試聴会では「音域の広がりや、その迫力に驚いた」と語っているらしい。 両方聴きたくなるようなコメント出しやがって。 
それはそれとしてこんなの発見。 大場久美子がビートルズファンだというのは聞いたことあるけどさ、こんなことしちゃいけないよ。 言い出しっぺは誰なんだ。 誰か止めようというやつはいなかったんか。 ポールに訴えられるぞ。 ああひどい、でも何度も聴いてしまう。



 ☆俺だけの名曲シリーズその21

ジョニー大倉 「ハイティーンガール」
永ちゃんと仲が悪いらしいけど、ファンキーモンキーベイビーズなんて今の若者にも影響を与えているキャロル、再結成ライヴをしてほしいですが無理かな。 
デビュー当時、私はえげれすのロックばかり聴いていたのでバカにしてました、すみません。 「ルイジアンナ」なんて今聴いてもカッコイイと思うよ。 でもCD買うまでもないかな。
この曲は彼らしい軽~いノリのロックンロール、最近買ったオムニバスCDにシュガーラブというグループのカヴァーがありました。 ロックンロールは難しいこと考えながら作っちゃダメだよねジョニー。



トゥダイ、グッダイ

オーストラリア人のB嬢トゥダイは阿蘇に行くのよと行ってトッピーに乗りました。 オーストラリアではトゥデイをトゥダイって言うんだよねと言うと、笑いながらイエス・トゥ・ダイヴって言ったのかな?両手で海に飛び込むジェスチャーをしていました。 他の宿泊客に「いっしょに飯食いに行こう」と誘ったり、色々と気配りしてくれる素敵なおねーさんでありました。 ハバナイストリップ。

coro22.jpg
コロ助は体重2.2Kgになりました。 約20日で倍以上増えたことになります。 ずっとこのままだったらいいのにね。


 ★昭和(平成)の名曲シリーズその54

サザンオールスターズ 「シャララ」
前にも書いたけど、めちゃくちゃ英語を唄いながら作曲する桑田君、そうしながら色んなパターンのメロディが次々と生まれてくるんだね。 天才ですな。

Now knee through need say you.
Chat me mean mantle day can to low.

訳)現在、ひざは終わりまであなたを言わなければなりません。
   話します私、日がそうすることができるおおいを低く意味します。

余談ながら原坊はメジャーセブンスでハモれると聞いたことがあります。 すなわち主旋律がドならシの音を発することができるっちゅうことだよ、すげーな。
,本人のがなかったので平井堅と林檎のカヴァーでどうぞ。


アイ・イート・エヴリシング

オーストラリア人のお客にジャパニーズフードOK?と聞くと、何でも食べますよというので朝食に納豆を出すと、他のお客がご飯にかけるのを見て真似して、ワシワシとかっこんでおりました。 
カンガルー? イエス。 クロコダイルはチキンみたいでデリシャスよ、だって。 そこでいじわるく、ホエールは? さすがにノー。 コアラ? これも笑いながらノーでした。
ここ数日あちこちで外国人の姿をよく見かけます。 やはりミシュラン効果があるのでしょうか。 これからDSソフトの「英語漬け」で勉強しようと思います。 


 ★昭和(平成)の名曲シリーズその53

柏原芳恵 「春なのに」
皇太子徳仁親王は芳恵ちゃんの大ファンだったのは有名な話です。 この曲は中島みゆきの作品で、中島みゆきといえぱ「時代」、そしてその曲は私の胸キュンの曲だというのは私だけしか知りません。 
カセットに録音して送ってくれたんだよ。 もう30年前の話だよ。 M子ちゃーん、今何してんの? 孫の世話してんの?



アット・セブン・オクロック「ね」

オーストラリアから来られた女性一人、日本語全くできず、まっ同じ人間なんだから大した問題じゃないのだけれど。
彼女は4泊するのでこれからのスケジュールなどヤフーの翻訳サイトを駆使しながら相談しておりました。 天気のいい日7日に縄文杉に行くとして、さて6日はどうしよう。 
同宿の聡明そうな女性に「英語できます?」と聞くと「はい」、米国の大学卒で発音はネイティヴだ。 食堂にて色々会話して頂く内にガイド付きで白谷雲水峡に行くこの女性に便乗することになりました。
しかし何で英語を話すと表題のように最後に「ね」を入れてしまうんだろう。 「分かった?」という意味で使ってんだから「OK?」でいいんだけどね。 なんでだべ。

suito.jpg

オーストラリアの水筒、リュックに入れて吸い口を出しておけばいつでも簡単に飲めーるのだ


 ★昭和(平成)の名曲シリーズその52

沢田研二 「君をのせて」
同タイトルにアニメソングがありますが、こちらはジュリーのソロデビューです。 後になって「この唄は唄いたくなかった」と言ったそうだけど今はそうでもないようです。 何といっても彼が最も嫌いだったのは「OHギャル」だそうです。 詳しくはWikipediaでどうぞ。
作曲は宮川泰(ひろし、俺はずっとやすしだと思ってた)、60年代に名曲をたくさん発表しております。 ピアノの腕もすごかった。 せがれはNHK教育で「ゆうがたクインテット」という子供番組やってます。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する