2013-11

荒川林道で落石

があり、うちのお客が15時のバスで戻る時に撮った画像です。 すぐに重機があがったようですが、その後の下山客は少し待たされたかもしれません。 
そして縄文杉近辺はかなりの積雪で、アイゼン無しの登山者は途中で引き返したようです。 というわけで屋久島も閑散期に入りました。

rakuseki.jpg


rakuseki.jpg



 ■外国名曲シリーズその22 - オランダロック流行ってました2

The Cats 「ひとりぼっちの野原」
これはあまり知られていないでしょうねぇ。 でも私にはとても想い出深い曲であります。 
当時ラジオの深夜放送を毎夜中聴いておりまして、レモンちゃんこと落合恵子のファンでありました。 そしてこの曲をリクエスト、そして私のハガキを取り上げてくれたんですねぇ。 たまたまラジカセで録音してあったので、のちに何度もなんどもキュートなお声を再生してましたなぁ。 
その落合氏は今や左っぽくなり、一度も嫁ぐことなく、やまんばヘアのおばさんになってしまいました。 


スポンサーサイト

鹿の被害対策の

仕事で来られたお客さまにお泊り頂きました。 夜中に裏庭にシカが現れうちのアホ犬が吠えてこまっておりました。 ご就寝のお客様に迷惑になるのでシカが近づかない方法があるのか尋ねたところ、狼の尿が効くのだそうです。 そんなもの売っているのかネットで調べるとありましたね。 340gで8千円、50gで33日間効果持続、ということは約7か月分ですか。 シカの他、猿、イノシシ、熊にも効果があるそうですが、購入するかどうか微妙ですな。
日本に生まれた動物が狼なんて遭遇するはずもないのに、本能に刷り込まれているんでしょうね。 恐るべし食物連鎖。 ちなみに頂上にいるのは我々人間ですね。 古代はオオカミも食ったんでしょう。
これを置いたらうちのアホ犬はずっと怯えているのでしょうか。 可哀そうなだけどちょっと犬体実験してみようかな。

屋久島もかなり冷え込み、本日初暖房でした。 縦走下りのお客さまによると花之江河辺りから積雪があるそうです。 これから登山される方はアイゼンが必要です。


 ■外国名曲シリーズその21 - 一時期オランダロック流行ってました

Earth and Fire 「Seasons」
「宇宙のファンタジー」の「Earth, Wind and Fire」じゃないよ。 「ヴィーナス」で知られたオランダのバンド「ショッキングブルー」に続く紅一点有りのバンドでした。 
シングル盤を持っていましたが、日本でヒットしたのはこれだけだったんじゃないかな。 ラストのアコースティックになるところが素敵です。

残念ながら

財布は拾得物として届けられることはありませんでした。 置き忘れが先週金曜日だから6日経っているからね、もうあきらめました。 持ち帰った人は得したね。 月曜日に役場と警察署へ手続きに行ってきました。 健康保険証の再発行は即日で無料でしたが、免許証は写真代込み手数料4、600円でした。 そして一週間以上は運転することはできません。 (内緒でちょこっとしてるけど 不携帯3千円ならまっいいか)

屋久島も朝晩は冷え込んできましたが、昼間はまだ暖かいね。 昼過ぎに犬の散歩をすると少し汗ばみます。 まあ俺は寒さに強いのでまだしばらくは半袖短パンです。



 ■外国名曲シリーズその20-信じていたのに

「My Sassy Girl」主題歌 「I Believe」
フェイバリットシンガーのオリビアちゃんのオリジナルかと思ったら韓国映画のテーマソングだったのね。 知らんかった。 コリアンミュージック初登場ですね。 
コード進行は C-G-Dm-C-E7-Am-D-Dm7-Gsus4-G7 って感じでしょうか。
オリジナルの男性シンガーもなかなかいいけど、ここはやはりシンガポールの歌姫Olivia Ongに登場願いましょう。
彼女は一時期日本で活躍するも日本の芸能界に溶け込めず、今は台湾で活躍しているそうです。


財布を置き忘れました

レジ後商品をバッグにつめ、財布を残したまま10分後次の買い物先で忘れたことに気づき、すぐに戻るも
店に届けられていませんでした。
免許証、健康保険証、ポイントカード各種、そして現金は3万5千円以上入っていました。 普段はその日の買い物分しか入れていないのに、この日はコレクトで荷物が届くため多く入れていたのです。
その後警察署に行き経緯を説明、店に行って頂き、防犯カメラをチェックしてもらいました。 俺がバッグを持って店を出る時、台の上に財布が少し映っていたらしく、その後客2人がその場所を通り過ぎた後財布が無くなっていたらしいです。 このどちらかが持ち去ったはずなのですが、財布を手にした映像はないということで立証できず、紛失届けを出すことになりました。
現金抜いていいから他の物をそのまま人の目に付く所へ捨ててくれ。
屋久島の人を信じていますよ。


 ■外国名曲シリーズその19-ユーミンが一番影響うけたバンド

Procol Halm 「Pilgrims Progress」
名曲「青い影」を彷彿とさせるオルガンが印象的な楽曲です。
去年だったかなユーミンといっしょにコンサートツアーしましたね。 残念ながらこのライヴ映像はソフト化されていませんが、ベストアルバムの中にいっしょにレコーディングした「青い影」が収録されています。 Youtubeにあったので聴いてみて下さい。


気になる鳥は

「ゴイサギ」の幼鳥でした。 情報をくれた民宿Sのご主人有難うございました。
うちの裏庭の奥はジャングル状態で野鳥がたくさんやってきます。 ヤクシカもね。 今年ほとんど見かけなかったメジロは来年やってきてくれるでしょうか。 

山小屋泊りのお客からの情報ですが、夜の山小屋ではネズミが食料を求めて走り回るそうです。 何か対策をしなくてはいけませんね。
この前お客とその話になり、これは「寝ず(ネズ)の番」が必要ですねなんてうまいこと言ってました。

押入れを整理してたらコンサートチケットが何枚か出てきたので

 ●昔行ったコンサートその1-マイケルジャクソン

mj.jpg

確かバックネット裏辺りの席だったけどステージがセンターだったからかなり遠く、しかも金網越しだったっけ。



 ■外国名曲シリーズその18-素直になれなくて

Todd Rundgren 「it wouldn't have made any difference」
9thの響きが心地よいと思いきやネットでコードを調べてみると冒頭部が、E(Do)-A(you)-E(re)-A(member)だと。 ルートがAでBの音を唄うんじゃなくてメロディそのままのコード付けをしてしまったのかい。 
ナインスなんて男らしくねぇってかトッドおじさん。 テンションノート(この場合B音)がルート(A音)で解決していくという構成の楽曲でいいじゃん、素直になんなよトッド君。
ということでこの曲は男よりも女性の声の方がいいですね。 noonちゃんで聴いてみましょう。


この鳥何鳥気になる鳥

本日うちの庭で優雅に舞い降りました。 名前の分かる方教えて下さい。

tori.jpg

愛馬「シルクドリーマー」が京都競馬に出走、直線怒涛の追い込みを見せるも3着でした。 
クラブからの情報によると牝馬がいると真面目に走らないらしいんです。 牝馬が前に走っているとその尻を眺めて走るから追い抜かないのでしょう。
今回のレースは牝馬から離れて走れという指示だったのか最後尾から追走、残念ながら届かず足を余してのレースだったと思います。 
これからの成長に期待ですが、こんなレースばかりしてると大事なとこ切られちゃうかもね。


今井美樹がユーミンのカヴァー集を出して、このあいだNHKで番組があったので聴いてみたけどどうなんでしょ。
あんたはあんたなりにサラッと気分よく歌ったんでしょうが、あたしにゃいまひとつでしたな。
俺が好きなカヴァーはこのふたつかな。 今井君参考にしてね。

井出麻理子 「Hello My Friend」



鬼束ちひろ 「守ってあげたい」



ほんじゃまた

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する