2015-03

過去の記事の

メンテナンス終了、けっこうYouTubeの動画が消滅していて、「ニコニコ動画」、「Dairymotion」なども利用することになりました。
なんだかんだ記事が198もあるから大変でした。 俺としては誤字脱字はないと思っていたが、すこーしありましたな。

昨日来られたお客様から、うちのHPを見て俺が超辛党だということを知って、おみやげに柚子唐辛子を頂きました。 大した辛さじゃないだろうと、ちょっと舐めてみましたが、あひょーっ、はふーっはふーっ、舌が痛い、口内が痛い。 これはすごい。 直接ではなく、料理にかけて頂きます。 有難うございました。

勝つ要素があんなにあったのに愛馬は9着でありました。 世の中そんな甘いもんやおまへんで。
この馬も頭打ちかも知れません。 このクラスで好走することもあるでしょうが、勝てずに引退することになるのでしょうか。 まあこれだけ楽しませてもらったからいいでしょう。
このレースは外しましたが、高松宮記念は久しぶりに的中してしまいました。 今年は全く当たっていなかったからね、これでプラマイゼロくらいになったでしょう。

takamatu.jpg



 ■外国名曲シリーズその66 - 悪魔の曲ベストワン

ローリング・ストーンズ 「Sympathy for the Devil」
邦題「悪魔を憐れむ歌」、ストーンズ初登場かな。 ポールもそうだけど70歳過ぎてもこれら爺さんたちは元気にロックしてますね。 俺も頑張らにゃあかんな。
悪魔と名がつく曲は数あれどこの曲が一番悪魔らしい(?)んじゃないかと思う。 特にバックコーラスの♪フッフーは悪魔のため息だね。 本物の悪魔も気に入ってくれるんじゃないでしょうか。 エロイムエッサイム。
そしてこの対極となす曲が平田隆夫とセルスターズの「悪魔がにくい」であろう。
コード進行はいたってシンプル E-D-A-Eの繰り返しだ。
チャーリーワッツってドラム上手かったんだね。 ライヴアルバム「Get Yer Ya-Ya's Out」のどたばたドラムはちょっとって感じでしたが。


スポンサーサイト

ほんま性懲りもなく

愛馬シルクドリーマーが本日阪神10Rに出走します。
ところが大阪では苦手の雨が降っているようで、まただめかなと思うも今回だけは勝つ要素がたくさんあったのです。

・騎手が乗り替わりせがれと同じ名前である。
・競馬場が阪神である。
・レース名が心斎橋ステークス、我が阪神タイガースの試合が近くの京セラドームである。
・タイガース初戦が負け確実と思いきや怒涛の逆転(追い込み)、ドリーマーの脚質といっしょ。
・連勝したタイガースの2勝あげた投手が松田遼馬、うちと同じ苗字、せがれと3文字同じである。

ちょっと競馬とは関係ないものもあるけど、これはもしかしたらもしかするかもですよ。
でも雨やんでちょうだい。



 ■外国名曲シリーズその65 - いい意味で節操のない曲提供

ペギー・リー 「Let's Love」
ポールマッカートニー作、ビートルズ解散後も次からつぎへとメロディが浮かんできて、
自分のアルバムもガンガン出しーの、様々なジャンルの曲を書きーの、彼は生まれ持ってのソングライターなのでしょう。 終いにはクラシックも数枚リリースする始末ですよ、これは聴いたことないけど。
ポールが生れた年にはシンガーとして成功し、長年にわたり一線で活躍、私の印象深い曲は「ジャニ―ギター」、「フィーバー」ですね。
この曲を初めて知ったのは何気に買ったジャズシンガー中本マリのCMソングとカヴァー曲のレコードで、ライナーを見てポールの曲だと知ったのでした。

blossom.png

このレコードはヤクオクには出品されてましたが、CD化されてないですね。 中本マリ元気にしてんのかな。



先日NHK鹿児島放送局が

やって来て、屋久島の宿を回っており、テレビが2台以上置いてあるお宿さんには追加料金お願いしますと超低姿勢で言われました。
1台しかないよとは言えず、結局契約してしまったわけだが、最近ほとんどTVを見なくなったんだよなー。
食堂ではお客の食事中朝晩はTVを付けるが、お客がいなければRadikoでFMを聴いている。
連ドラは見てないし、ニュースを時々見るくらいか。 でも今日からプロ野球が始まります。 これは楽しみですね。
我が阪神タイガースは3位と予想しており、私は奥ゆかしいタイガースファンであります。
おっ今うちの前をタイガーじゃなく、ジャガーが走った。 昔知り合いがジャガーの中古を買ったが、5リッター8気筒のスペックだったか、アクセルを踏むと追突されたんじゃないかと思うくらいの瞬発力があった。
しかし燃費はリッター3キロくらいでマフラーからたらたらガソリン垂らしながら走ってたな。
屋久島では乗る人数が4人以下なら軽自動車で十分ですね。 明後日また愛馬が走るので大儲けしたらHondaのNボックス買おう。 最上級グレードは200万くらいするんだね。



 ■外国名曲シリーズその64 - 他の曲は知らん

ステッペン・ウルフ 「ワイルドでいこう」
ニューシネマといわれた「イージーライダー」の主題歌で世界中で大ヒットしました。
他にもヒットソングがあるみたいだが、あまりにもこの曲の印象が強く、あんたらもうこれだけでいい、
この1曲だけで十分だよと思わせる強烈なインパクトがあり過ぎますよね。
イントロもAメロもサビも全てかっこいい。 この1曲だけで腹いっぱいだ。


弾丸縄文杉登山

よく弾丸旅行者が来られます。
今回はトッピー最終便で到着、翌日縄文杉登山で荒川15時のバスで乗り継ぎトッピー最終便で島を出ていかれました。
屋久島滞在時間23時間弱、華のや滞在時間9時間でありました。 お疲れ様です。

この弾丸話は前にも書いたよなーと過去のブログをチェックしてみると、けっこう同じこと書いてたりしますな。
ゴールデンウイークの5月3日前後がすぐに満室になり、前半はガラ空きだよっていつも書いてるよね。
リンクのYouTubeも空振っていたりするので、過去の記事のメンテナンスをしてみましょう。



 ★日本の名曲シリーズその105 - オリジナルはすげぇ古いのだ

フランク永井 「君恋し」
元号やめて「日本」にしました。
二村定一という歌手が大正時代に唄っていたらしい。 みんなが知ってるフランクさんのは1961年に発売されました。
4ビートぽいドラムをバックにJAZZテイストに唄ったフランクさんはいい味出してます。
山下達郎は彼のファンで「Woman」という洒落た曲を提供していますね。
「君恋し」は内田裕也のバンド「フラワーズ」のサイケっぽい演奏が素晴らしいのです。
渡哲也主演の映画「無頼・殺せ(ばらせ)」の挿入歌で、オムニバスCDを持っていたのですがパソコンに保存して売ってしまった。
そしてパソコン故障でやむを得ず初期化、データは全て消滅してしまったのだ。
オークションにあったけど、これ1曲のために買うのもなぁ。 誰かアップしてくんないかな。



千葉から叔父が

来て2週間くらい滞在しました。 どこに行くということもなく、朝からビールを飲みながら大工仕事などしてもらいました。
そして俺と一度は飲みに出たく、その日素泊り客ばかりだったので知り合いの居酒屋~カラオケスナックと足を運んだのです。
周りは年寄ばっかりで演歌、俺はムード歌謡を唄っていたら、全くの場違いなこの場所にノルウェーとトルクメニスタン(文字の配列は調べた)から来たヤングガールが入ってきたのです。
片言英語で通訳してあげながら、年寄りたちが何か唄えと言うのでディスプレイにポピュラーソングリストを色々と見せるとアバの「ダンシング・クイーン」を選曲、あまり上手くねーな。
次はマドンナ「ライク・ア・ヴァージン」でした。 支払い時、金額に納得がいってなかったようで、店のおばちゃんが俺に助けを求めてきたので、彼女たちにそういうシステムだと言うと、渋々財布から札を取り出しておりました。
今泊っている宿はWifiが無いらしく、どこか飛んでいる所はないのかと言うので、うちはあるよとメモに電話番号を書いてあげるも連絡はありませんでした。
はたして彼女たち屋久島を楽しんでくれたのでしょうか。

昨夜NHKの歌番組で太田裕美が「木綿の~」唄ってました。 歌声は衰えてませんね。 えっ還暦なの、びっくりしたなぁもう。



 ■外国名曲シリーズその63 - ノルウェーといったら

a-ha 「テイク・オン・ミー」
この曲といえば、この秀逸なミュージックビデオですよね。 実写とアニメーションの合体がお見事です。
この曲がヒットしたのが1985年、我が阪神タイガースが21年振りに優勝した年ですって関係ないか。
当時は芝大門のオフィスに勤務してたなぁ。 浜松町の秋田屋でよく飲んでました。 懐かしいのぉ。
a-haで検索かけたら、その候補の一番が「あーハワイ行きたい」だって何じゃそりゃ。


華のやの1泊目の

夕食のメインディッシュはトビウオの唐揚げなのですが、お客様に聞くとほとんど「初めて食べます」ですよ。
あごという名ではけっこう知られていて、うどんだしは美味しいですよねという話はよく聞きます。
屋久島漁協はもっと広報した方がいいんじゃないでしょーか。
本日訪れた北海道からの学生さんも屋久島来たからにはトビウオ食べたいですと言っておりました。
もうひとつの屋久島特産首折れサバが獲れていないのか魚屋に出ませんね。

宮之浦岳ルートがここ数日気温が低く登山指数もよくないですね。
下界はぽかぽかで、本日は汗ばむ陽気でありましたが。
学生さんが多く入り込み、現在の屋久島滞在者の平均年齢は普段よりも10歳くらい低いでしょう。




 ■外国名曲シリーズその62 - やたら転調しまくってます

ニック・デカロ 「二人でお茶を」
たくさんのシンガーがカヴァーしておりますが、オリジナルを調べてみると90年前のミュージカルの挿入歌とのことでした。 90年前かいな。
日本では「ゆうやけこやけ」、「しょっしょっしょうじょじ」の時代、中山晋平、山田耕筰などがヒットメーカーでした。
アレンジも様々で、ド素人のものも含め色々聴いてみたけど、有名なドリスディとかトミードーシー楽団はあまり好きではない。
俺の一番の好みはニックおじさんの作品だな。 ゆったりしてタメのきいたヴォーカル、残念ながらお亡くなりになられましたが、達郎くんと交流があったみたいだね。
この曲を含む名盤「イタリアン・グラフィティ」は是非一度聴いてみて下さい。



盲目のピアニスト

辻井君が鹿児島でコンサートをしたとテレビニュースで見た。 もう一足延ばして屋久島にも来てほしかったですね。
テレビやYouTubeで彼の演奏をよく聴くが、点字の楽譜であれだけの膨大なレパートリーをよく記憶しているものだと感心いたします。 難曲で小指がかなりの距離の黒鍵をミスなく見事にヒットさせるのは俺には考えられません。
いつだったかピアノの先生が泊った時に聞いたことがあるが、運指に関しては目が見えないのはそれほど問題ではないとのことでした。 かなりのレベルに達してのことで俺には関係ない話ではありますが。
ハンディキャップがありながらの彼の活動には世界中が大絶賛しております。 これから益々の活躍を期待しておりまする。
えっ浅田真央ちゃんのファンだって、俺もだよ。 俺はもう無理だから、君に譲るよ。
そういえば辻井君のレパートリーのラフマニノフの2番で演技してたよね。 何とか結ばれることを祈っております。
そしてアイスショーで二人の共演を見たいですな。

すっかり春めいた陽気になり、宮之浦岳ルートの気温も10度以上で雪も消滅したんじゃないでしょうか。
さあ登山シーズンの到来だ。 カムカムエヴリボディです。



 ■外国名曲シリーズその61 - 超絶技巧曲だよ

フランツ・リスト 「ラ・カンパネッラ」
ヴァイオリニストのパガニーニの作品をリストがピアノ曲に編曲したものです。
昔譜面を買ったが、ぶっとんだ音符の羅列にすぐにお手上げしました。
しかし冒頭の右手のパートだけは両手で弾くことはできるぞ。
上にも書いたが見てよ、この右手小指の運びを。



ゴールデンウイークの

予約状況は平年と全く同じで5月2、3、4日ばっかりで、うちでさえ数十件お断りしております。 そして4月29日~5月1日はまだたくさん空いております。 4月29日なんてまだゼロですよ。 暦の関係もあるでしょうが、これから徐々に埋まっていくのでしょう、いつものように。

罰金を支払ってまいりました。 手書きの7000円が2000円に書き換えられそうでしたが、公文書偽造か何かで本当に逮捕されたらこまるのでやめました。
そして本日の曲紹介は「恋のバッキン」にしようと思いましたが、品格を問われそうなのでこれもやめました。
おまわりさんは点数は3か月で消えると言っていましたが、ゴールド免許ではなくなるということで、それが残念です。


 ■外国名曲シリーズその60 - グルーヴィーなピアノタッチ

ブロッサム・ディアリー 「I'm Hip」
「私はお尻です」じゃありませんよ、「ヒッピー」とか「HipHop」のヒップですね。 「私ってこう見えてもなかなかやるのよ」みたいなニュアンスでしょうか。
このおばはん、いい年して何をやらかすのでしょうか。 残念ながら数年前に亡くなられております。
ピアノの弾き語りでこんなノリを出せるなんてすんばらしいです。
もしこれを譜面に起こしてクラシックピアニストに弾かせても、絶対にこのグルーヴ感は出ることはありません。 こういう音楽はメトロノームに合わせて弾くものじゃないからね。
彼女の若いときのこのジャケットはとても素敵です。 CDは安く買えるが、レコードはオークションでけっこう高値で取引きされています。


blossom.png



大儲けだったのに

投資信託なんて興味がなかったものの、鹿児島銀行さんの営業担当が月5千円でいいからとお願いされ積立始めました。
8か月で元金4万、利益が6、199円だよ。 5千万づつしてれば6、199万円儲かったのに、残念でした。
株価が上昇したからでしょうね。 リスクはあるものの普通預金の利息なんてアホらしいぜ。

sintaku.jpg

本日この利益が消滅してしまう事件があった。 安房港に用事があり、帰りに一時停止違反で逮捕されてしまったのだ。
点数2点、罰金7千円だ。 ブログねたができたなんて言ってる場合じゃなく、あー勿体ない。
あんな見通しのいい三叉路で一時停止する意味ねーよ。 なんて言ってもはじまらん。 
立派に「止まれ」と書いてあるからね。 皆様も交通ルールを守り、安全運転して下さいね。
ちくしょー!





 ★昭和(明治)の名曲シリーズその104 - 江戸端唄というらしいです

藤本二三吉 「梅は咲いたか」
小学校4年生くらいだったか、初めてステレオを買ってもらった。 メーカーは「トリオ」、ケンウッドの前の社名だ。
それにおまけで付いていたLPレコードの中の1曲で、10歳のガキがこれを好んで聴いていたのであった。
以前うちの近所に「みちしお」という飲みやがあり、そこのおかみが元芸者で酔って興が乗ると三味線で小唄などを唄ってくれたものだった。
残念ながら亡くなってしまったが、一度俺がギターを持って三味とバトルをしたことがあったが、「あんた好きに弾きなさい、あたしが合わせるから」と子ども扱いされてしまった。 曲は演歌だったと思うが、俺が弾く音をいとも容易く聴き取り、ペペンペペンとコラボつてしまうのであった。
ほとんど薄めてないホット焼酎をガンガン飲りながら、元気なばーちゃんだった。 翌日早起きなのに夜遅くまで飲んで、俺も元気だった。







最後の寝台列車

「北斗星」が廃止され、とうとう定期ダイヤはゼロになってしまった。
どんどん新幹線が拡張され、スピードが優先になることは少し寂しい気がする。

学生時代2度寝台列車で一人旅したことがある。 最初は東京~下関が寝台列車、その後山陰~京都~飛騨高山の行程でした。
鳥取では手ぶらで大山を駆け上がり、山頂の山小屋のあんちゃんに「そんな恰好で登ってきたのか」と呆れられたっけ。 300円くらいの缶ジュースを飲み、駆け下ったのだった。 元気だった。
最後は金が底をつき、高速バスでチキンラーメンかじりながら喉カラッからで東京に着いたのであった。

次は上野~青森が寝台、函館~釧路~弟子屈~網走~札幌だった。
弟子屈では民宿に荷物を置き、摩周湖まで歩いたっけ。 帰りは新婚旅行のレンタカーに乗せてもらい、こんな距離よく歩いたもんだと感じたな。 ほんとうに元気だった。
そして最後はまた金がなくなり残金で札幌みそラーメンを食って、知り合った旅人に帰りの旅費を借り、腹ペッコぺこで東京に戻ることができたのであった。

ところでハリル・ホジッチ、覚えにくいっちゅーの。


 ■外国名曲シリーズその59 - クラシックギターの練習曲

ジェスロ・タル 「ブーレ」
バッハの作品、元曲は付点は付かない。 すなわち付点四分音符と8分音符の組み合わせではない。 これがオリジナル譜面。 当時はギターではなく、リュートという弦楽器のために作られた曲です。


bach.jpg

俺はこれを聴いてギターで付点を付け練習してみたが、これが自分で言うのも何だが、なかなかカッコいいのだ。 だから聴きにいらっしゃい。



12時に荒川口下山

縄文杉日帰り登山客からTEL、「今屋久杉自然館にいるのでお迎えお願いします」
乗換バスを長い時間待つようだったら迎えに行くよと言っておいたのだが、まさかこんな時間に下りてくるとは。
お天気は良かったものの強風と寒さで足が早まったとのことでした。
本日は海がしけて船便は全便欠航、スーパーが空になる前に早めに買い物をすませました。

tankan.jpg

売り物にならない傷有り小粒のタンカンを頂いたのでジュースにしました。 大した労力ではないものの3リッターも絞ると右手の平はオレンジ色になり、手首も少し痛いよ。
これから華のやにお泊りのお客様には無添加100%果汁のタンカンジュースを無料サービスいたしますので、是非お越し下さいまし。



 ★昭和の名曲シリーズその103 - インパクト強い

東海林太郎 「国境の町」
丸眼鏡、燕尾服、直立不動が氏のトレードマークですね。 手の先までピシッとしてます。 亡くなってもう40年以上たつのか。 
俺がもの心がつき、音楽を聴くようになった頃すでに懐メロ番組の常連で、その特徴的な風貌で懐メロ歌手の中では一番のお気に入りでした。
まだ20代の頃カラオケでこれを唄うと、他の年配客から「あんた若いのにこんな歌知ってるの」と言われたものでした。
歌詞の内容からするとシベリア抑留者を唄ったのでしょうか。



小学校の草刈り

大会に参加してきました。 卒業式、入学式を迎え当番ということで始まりと終わりの挨拶もしてきました。 最初は寒いくらいだったけど、我が草刈り機の調子が悪く、エンジン掛けのヒモ引っ張りに相当な時間がかかり、喉カラカラ、汗もじんわり滲んでまいりました。 
家に戻り、燃料がまだ残っていたのでうちの庭も草刈り、シャワーを浴び昼飯は扇風機にあたりながらでした。
さて弥生賞はトーセンバジルから勝負、当たったら草刈り機を買うのだ。
昨日愛馬ドリーマーは10着惨敗、雨に弱いから仕方ないか。 1番人気の馬が11着だったしね。 1~9着の馬が落馬してたら当たったよ、なんてバカなこと書いてないで次走に期待します。


 ★昭和の名曲シリーズその102 - この可愛さったらたまらんな

斉藤由貴 「卒業」
卒業シーズンということでこれを選曲。 ほんとうは「ゆめのはじまりんりん」にしようと思ったのだが・・。
松本隆、筒美京平作、武部くんが編曲か。 彼はFNS歌謡祭とかで音楽監督してますね。 ピアノもほとんど全曲弾いてる。 俺より一学年下か・・・負けたな。 何にだ。
サラリーマン時代アイドル好きな後輩がおり聖子、明菜、奈保子、斉藤由貴のレコードは全て持っていて、1000円渡してカセットに録音してもらったな。 
彼女の曲にはユニークなものが多く、車の中でけっこう聴いたよ。 しかしこの映像は落ち込んでいる時に見ると元気が出てくるよね。 こんなプリティガールだったとは知らんかったよ。 ただ服装と耳飾りが残念か。
今はおばさんになってしまったけど、いい味をかもし出す女優さんになられておられます。 これからも頑張ってね。


最新登山情報

淀川~白谷の縦走をされたお客様によると、宮之浦岳を超えた辺りで50センチくらいの積雪があったそうです。 縦走される場合はまだしばらくは滑り止めが必要ですね。
アイゼンを付けて歩いたものの2回ほどこけたそうです。 骨折などしたら悲惨ですから十分お気を付け下さい。

さて性懲りもなく愛馬シルクドリーマーが阪神10Rに出走します。 えっ14番人気、こんな人気無いの初めてだ。 こういう時に勝ってくれればお小遣いも増えるのにね。
またビートルズナンバー馬が出るよ、2頭も。 「アイウオントユー」と「イエスイットイズ」、あれっ同じ馬主じゃないの。 調べてみるとリサイクル会社の社長さんだね。
薪浦社長の持ち馬一覧を見ると競馬じゃ大赤字じゃないですか。 本業で儲けて農水省に還元している立派な方とお見受けいたします。 会社の祝賀会にビートルズのコピーバンドが出てるよ。 社長みずから「Let It Be」も熱唱だ。
さあこの3連単が当たったらマーチンかギブソンを買おう。



 ■外国名曲シリーズその58 - 変人といっていいのでしょう

エリック・サティ 「開始のひとつのやり方」
「梨の形をした3つの小品」の一発目の曲だ。 計7曲あるのに3つの小品だ。 クラシック音楽の厳粛な約束をことごとくぶち破って自由奔放な作風で知られております。 何といっても調号を付けない。 ハ長調とかホ短調という概念がなく、音符一つ一つにシャープさんフラットさんをいちいち付けるわけだ。 (懐かしいなNHKの音楽番組) その私生活も波乱万丈だったと聞きます。
初聴きは矢野顕子のラジオのスタジオライヴだったな。 本当は連弾だが、アッコちゃんがアレンジしたのでしょう。 カセットに録音してヒット曲「春咲小紅」よりもこればかり聴いてたっけ。 何とも風変わりなタイトルと旋律に魅了され詩集まで買ってしまいました。

satie.jpg

こんな風に譜面に詩も書いてしまうのだ。 このタイトルは「食欲をそそらないコラール」だって。
有名な曲には「ジュトゥヴー」(あなたが欲しい)、「ジムノペディ」があり、これは皆様もどこかで聴いたことがあるでしょう。


先月プロバイダOCNが

個人HPのサービスを終了しやがったためにサイト移転を2件お手伝いをしました。 考えてみりゃ酷いはなしだよ。 今までのアクセスの積み重ねがおじゃん(死語)になったわけだからね。
2月いっぱいで終了の予定が引っ越しが済んでいない客があまりに多いため5月まで延長したようです。
引っ越し先はsakuraインターネットが多いようですが、年間の料金が10ギガで1543円だってさ。 ちなみに俺が手伝った2件は13MBと14MBしか使ってないよ。 内緒で19ギガくらい倉庫代わりにに使ったろ。

本日午後は台風なみの風雨でした。 これからお客も増えていくことでしょうが、予約の入りが悪いですね。 学生の皆さん、縄文杉登山には華のやが便利ですよ。



 ■外国名曲シリーズその57 - しびれるプレイに鳥肌

スティーリーダン 「Aja」
ジャケット写真は日本人モデルの亡き山口小夜子です。 日本人女性の美しさにも鳥肌立ちます。 
このグループ(2人だけど)は完璧な演奏で知られていますが、何度聴いても鬼気迫るプレイですよね。 完璧といえばプログレバンド「イエス」もそうでした。 日本でいえば山下達郎氏ですよね。 演奏に納得がいかなければチケット完売されているのに中止しちゃうもんね。
なんといってもハイライトはスティーヴガッドとサックスのバトルです。 しかしこのメイキングDVDを持っていますが、スティーヴガッドのプレイには全く言及していないのはどういうわけだ。 
YouTubeにはスティーヴのドラムクリニックみたいな動画があり、「Aja」のドラミングを披露しておりますのでご覧下さい。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する