2015-04

山小屋で泊って

下山したお客さんによると、相も変わらず夜にジェリー君が運動会しているそうです。 寝ている頭の近くでタッタッタと走るらしく、叫び声で起こされると言っていました。
何か対策をしなければいけませんねということで、トム君に小屋番をしてもらってはいかがかなと思うわけであります。 ダメかな、各山小屋で猫を飼う。 問題は餌の補給だが、縦走のガイドさんにお願いしましょう。
それができなきゃニシキヘビに登場してもらうしかないね。 小型種ならば人間は襲わないでしょ。 小屋の中にトグロ巻いている中寝るのは少し勇気はいるが、鳴かないし毒はないからだいじょーぶ。



 ■外国名曲シリーズその74 - 可愛い名前だけど

アリス・クーパー 「スクールズ・アウト」
ヘビといえばこの人に登場してもらわないわけにはいけません。 特異なキャラを持つアーチストで、奇抜なメイクとライヴパフォーマンスは群を抜いておりました。 レコードには紙パンツ付けたりね。
実生活といえば子供好きでとても紳士でいい人なのでした。 今は毎日孫の世話をしているらしいです。
シンガーでも俳優でもこういうケースってよくあるよね。 例えば女優山本陽子はドラマでは清楚な人妻役が似合っておりましたが、実はスポーツカーをガンガンぶっ飛ばす行動的な女性なのでした。 ウィキによるとポルシェ911を日本人女性で初めて購入したらしいです。
アリスクーパーはキャッチ―な楽曲を数多く発表し、現役バリバリ頑張ってます。

AliceCooper.jpg

これは3年前の画像、今でもやってるんですね



スポンサーサイト

鹿児島空港閉鎖

により、昨日夕方お客が1人飛び込んでまいりました。 トッピー1便に乗らないと大事な会議に間に合わないとのことでしたが、今朝無事高速船上の人となりました。
セスナ1機の胴体着陸で、国際線も飛ぶ空港が離着陸できなくなってしまうなんて、エアポートっちゅうのはよほどデリケートなんですね。

この1週間降雨なし、その反動でGWの天気が心配ですが、まあまあ良さそうですね。 明日は久々にお湿り頂くでしょうか。
さあ屋久島の観光業者の皆さん、明後日から1週間がんばりましょう。


 ★日本の名曲シリーズその112 - シンガーソングライターバンカー

小椋佳 「さらば青春」
第一勧銀にお勤めしながら定期的にレコードを出してました。 デビューのきっかけはポプコンかなと思ってましたが、Wikiには掲載がなく何だったんだろう。
独特の世界観を持つソングライターですが、彼の曲を聴くと庄司薫文学を思い出します。 「赤頭巾ちゃん気を付けて」、映画も観たな。 東映社長のせがれが主演だったっけ。 なんでこのふたつが結びつくのかと調べてみると関係なかったですね。 主演岡田裕介の次回作「初めての旅」で全編にわたり小椋の曲が使われたのでした。
「赤頭巾ちゃん~」の併映が「その人は女教師」だったんだ、懐かしい。 主演岩下志麻、共演が亡き三船敏郎のせがれでしたよ。
当時友人にビートルズの何枚かのレコードをカセットに録音してあげたお礼に小椋佳のカセットをもらったんだったかな。 そしてこの曲はよくギターで弾きました。 コードGじゃんじゃかじゃかじゃかじゃ~F♯というイントロが印象的でした。 イエスの「Mood for a Day」のイントロと同じだね。

韓国の団体さん

皆さんは元気に縄文杉登山、下山後まんてん温泉に直行、ここで予想外のトラブル。 添乗員のテイさんからタクシーが1台しか手配できないので、迎えにきてほしいとTELがありました。 
タクシー会社に聞いてみたらトッピー最終便の予約でいっぱいでした。 タクシー1台とうちで2往復して皆さんご帰還となりました。 お疲れ様でした。 まあ車代は日韓親善でサービスしてあげましょう。 金もらったら白タクだ。
テイさんは日本語ペラペラですが、日本に住んだことも、留学経験もなく、テレビドラマのキムタク「Hero」と阿部寛「結婚できない男」で勉強したそうです。 そんなんで会話マスターできるのかい。 
俺なんか「奥さまは魔女」、「可愛い魔女ジニー」、「わんぱくフリッパー」、「ザ・モンキーズ」、「名犬ラッシー」、「名犬リンチンチン」、「三ばか大将」、「じゃじゃ馬億万長者」、「ベンケーシー」などたくさん観てるけど全然しゃべれんぞって全て吹き替えでした。
彼は野球好きでもあり、日本で活躍した韓国系の選手について話しました。 タイガースでは桧山、金本、新井などが活躍しましたね。 
タイガースは現在5位、今広島と最下位決戦しており負けてます。 がんばれ藤浪、エラーするなよ野手陣。



 ★日本の名曲シリーズその111 - 芸能人がらみその5

高岡美智子 「いじっぱり」
何年か前お泊り頂いたお客さんは昔「風コーラス団」のメンバーだったとのことでしたが、昔大石吾郎のコッキーポップを聴いていたからその名前は知っていたものの曲は知らなかった。
俺は高岡美智子が好きだったなと言うと、今でも友達だよとTELしてくれたのだった。
それほど好きでもなかったのだが、「大ファンでした。 好きだった曲は・・・曲名が出てこず、なぜかコード進行を思い出したので彼女にA-F♯mの曲と言うと
「だったらいじっぱりね」と教えてくれた。
残念ながらこの曲はアップされておらず、でも歌詞はネットにあったのでこれも譜面に起こし、Midiを作ってみた。 コードはだいたい正しいと思います。

A         F♯m
電話をかけて あやまろうかな
A              Bm  C♯7
昨日のことが なぜだか気になる
   F♯m          C♯m
でもしゃくだな あやまるなんて
   D          C♯7
でも悪いのはわたしだろうな
   F♯m
ああどうしようかな
D        Dm       A
電話をかけて 聞いてみようかな

ijipari.jpg


Aコープに買物に

行ったら中国人の団体に遭遇しました。 皆さん洗練されたいでたちだったので上海か深せんにお住いの富裕層でしょうか。 破けジーンズのおねーさんはとても似合ってて格好良かたよ。 屋久島にいっぱいお金落としていってね。
明日の華のやは韓国人の団体さんで貸切です。 予約名がYMCAなのでヤングマンでクリスチャンなのでしょうか。 今日の名曲はヴィレッジピープルにしようかな。 やっぱやめた。

加瀬さんどうしたの。 ご病気だったんですか。 あなたの名曲を紹介したばかりでした。 お悔みを申し上げます。
氏の音楽人生を著した「ビートルズのおかげです」を持っています。 達郎はワイルドワンズの初演を観ているそうです。

ainonayami.jpg

皐月賞、やはり公開予想すると当たらんね。 お話にならない結果でした。 競馬で初めて的中したレースは皐月賞だったから当てたかったです。 あれは昭和54年、ビンゴガルー - カツラノハイセイコの枠連で24.9倍ついたっけ。
次は天皇賞、5月3日かいな。 ゴールデンウイークで一番忙しい日だ。 公開すると後悔するので内緒で予想します。



 ● 番外編・これはちょっとシリーズその1 - 芸能人がらみその4

池田桃子 「愛の悩み」
数多くの名曲を世に出した筒美京平氏ですが、当然すべてが名曲だったわけじゃありません。 中にはちょっとこれは・・・というものもあります。 どんな著名な作曲家にもあるはずです。
錦糸町に住んでいた時、おふくろの知り合いの娘が歌手デビューしたのが池田桃子だった。 同じころデビューした浅田美代子は筒美に名曲「赤い風船」を書いてもらうも、桃子ちゃんに与えられた曲は4、5分で完成させちゃったみたいな何も論ずることのできないしろものだった、と俺は思う。 歌詞はネットにあり、メロディは何とか覚えていたので譜面ソフトで起こしてみました。 これではヒットするわけないよね。 可哀そうな桃子よ。
デビュー前に一度うちに親子で挨拶に来たが、会ったのはそれ一回きりだったかな。 ヒット曲には恵まれず、でも小林亜星といっしょに唄った「リンゴがひとつ」が小ヒット、テレビドラマにも出演したのかな。 さすがにウィキはなかった。
俺のことなんか覚えていないでしょうが、元気にしていますか?

ainonayami.jpg  ainonayami.jpg

ainonayami.jpg
譜 面


私が作ったMidi 我ながらダサいアレンジだ

また送迎のお願い

のTELがありました。 ということは他の観光地の宿では小1時間もかかる登山口まで送迎するのだろうか。 その土地のタクシー、レンタカー会社とのからみはどうなのだろう。 
「登山口まで送迎」で検索かけてみた。 あれま、たくさんありますねぇ。 でも華のやではいたしかねますのでご了承下さい。

うちにかかってくる電話は私のケイタイに転送されるのですが、業者関係を除けば9割近くがケイタイからですね。 個人の方は固定電話使わないんでしょう。 というか電話機がなかったりするんでしょうか。
その固定電話の料金ですが、こちらからかけることはあまりないのに明細を見ると携帯電話への通話料がかなり発生しているのです。 固定電話からケイタイにかけることはほとんどないのにとNTTに問い合わせをしようかなと思いきや、あっそうか、俺のケイタイに転送しているからなのであった。

さて皐月賞、上位に入りそうな馬がたくさんいて当たったらラッキーって感じですね。 熟考(それほどしてない)の結果リアルスティール、ペルーフ、ダノンプラチナの3頭で勝負します。 
全く自信がありません。 ブログに予想を書いて当たったことが今まであったか・・・覚えがない。 当たったよと的中画像を載せたのは事前予想をしてない時ばかりじゃなかったかな。 
馬券を買おうという方はこの3頭を外して買うことをお勧めいたします。



 ■外国名曲シリーズその73 - 芸能人がらみその3

トリオ・ロス・パンチョス 「ベサメムーチョ」
ビートルズマニアの俺はよく六本木のキャバーンクラブに行っていたが、いつも混んでいて2階に上がる階段で並ぶんだよね。 小1時間(書くの2度目)待たされてやっとテーブルに着いた俺たちに、「先に来てたのォ、お待たせェ」みたいなことを言ってケバイねーちゃん2人がおなじテーブルに座ったのであった。
その中の1人が横山エミーだった。 こいつら並ばずに入ってきやがったなと思うも、勢いに負けてしまったのだった。 時々テレビで見るなくらいだったが、最初はよろしくぅなんて言いながら、馴れ馴れしく肩やら背中やら触ってきたのを覚えている。
その後この2人は俺たちのことなんか無視して、演奏など聴かずにベラベラしゃべくり長い時間いなかったんじゃなかったか。 会計はどうなったのかは覚えていない。
ウィキによると、エミーはその後近鉄の投手と不倫した後、セクシー路線に向かうのでありました。
この曲はビートルズがキャバーンクラブに出演していた頃のポールのレパートリー、当時の演奏はオリジナルよりもカヴァーが多かったのです。
トリオロス~のギターのキレが素晴らしいですね。 これはレキントギターといって高い音が出ます。 日本ではロマンチカの鶴岡さんが有名ですね。
日本大好きな彼らは数多く来日公演をし、「その名はフジヤマ」という曲を作りました。 アントニオ古賀がカヴァーしています。 なぎらけんいちかと思った。






さよならキンキン

「おまっとさん」がもう聞けなくなりますね。 彼のイメージは「おはようこどもショー」のロバ君と、何と言ってもパックインミュージックですね。 当時は文化放送「セイヤング」、ニッポン放送「オールナイトニッポン」をかけもちで聴いていました。 当然毎日睡眠不足、怒らない先生の授業で熟睡させて頂いてました。
キンキンパックはそれほど印象ないな。 覚えているのは「ポール、テトラ」なんてありましたね。 知らない人は知らなくてもいいです。 
録画してあるアド街ック天国の屋久島でも観て追悼しましょう。 もう11年前ですね。 タイアップもあるんだろうけど、変な順位だね。



 ■外国名曲シリーズその72 - 芸能人がらみその2

アバ 「アスタ・マニアーナ」
俺にはあまり名曲ではないのだが、岡部まりちゃんが好きな曲らしいので特別に取り上げました。
屋久島出身の知り合いに全くの無名だが日本各地で音楽活動をしている癒し系シンガーがいる。 彼女はインディーズでCDを何枚か出すも売れず、1度だけコンピアルバムで1曲だけメジャーシンガーとVAで参加していました。
もう10数年前だが彼女からTELがあり、「今度岡部まりさんとCD出すんだけど協力して」
なんでド素人の俺がメジャーアシスタントのまりちゃんの手助けをしなきゃならんのだ。 アルフィーの坂崎かなんかにお願いすりゃいいのによ。 とか思いながらもまりちゃんから直接「すみませーん、突然こんなお願いをしてしまって」と頼まれては仕方がない。
まりちゃん手書きの歌詞がFAXで送られてきて、アバのこの曲のオケを作ってくれということだった。
ヤマハのクラヴィノーバとMDのマルチトラックレコーダーを駆使して作り、カセットに入れて送ってあげたわけだ。 おまけで即興で作った「まりちゃんに捧げる唄」もギター弾き語りで入れてあげたな。 どんな曲か覚えとらんが。
カセットが着いたとTELでその捧げる唄をバックに流して、まりちゃん笑いながら礼を言われたっけ。 ちょっと恥ずかしかったよ。
結局この企画はボツになり、しばらくしてまりちゃんからサイン入りの本とサイン色紙が送られてきた。 その年に年賀状ももらったな。
その本のタイトルは「だから、一人が楽しい私」、彼女いまだに結婚してません。
探したらFAXが残っておりました。 達筆ですねぇ。 年が経ち印刷が薄れてきました。 近々消えてしまうでしょう。

mari.jpg

邦題「落ち葉のメロディ」っていうのか。 小林麻美にも同名の曲があったな。


山歩きしていても気になること

先日山中2泊で下山したお客さんが、まずは風呂に入り出てきてすぐに「今日の新聞ありますか」
特に大きな事件はありませんでしたよと南日本新聞を渡しながら、株価がもうすぐ2万円に達しそうですねと言うと、眼を輝かせ「そんなに上がりましたか」 なるほど早く株の動向が知りたかったわけね。
お持ちの銘柄は上がりましたか? ニコニコしながら「いえいえほんの少ししか持ってないですから」 儲かったな。
ちなみに私の投資信託は元金4万5千円で配当は8千円を超えました。 残念、4億5千万投資してれば8千万儲かったのにってこの前書いたな。



 ★日本の名曲シリーズその110 - 芸能人がらみその1

ワイルドワンズ 「想い出の渚」
リーダー加瀬氏の作品、彼はワイルドワンズのほとんどの曲、解散後は沢田研二に曲を提供し全部ヒットしたよね。
数年前にキーボードのチャッピーが亡くなりました。 彼がリードヴォーカルの「バラの恋人」はシングル持ってて、マネをして鼻声でよく歌ってました。
サラリーマン時代、六本木の「カーニバル」というグループサウンズのライヴハウスによく足を運んだっけ。 ハコバンがいて常時GSを演奏しており、たまに本物がひょっこり現れることもあった。 そしてその夜ワイルドワンズのドラマー植田がバンドに加わり、客席には元キャンディーズのスーちゃんが彼氏と来ていたのだった。 すっかり一般人に溶け込んでいてオーラがあまりなかったような気がした。 調べてみると再デビューする前の普通の女の子時代だったかな。
この曲の演奏が始まり、俺は唄っている植田の真ん前のテーブルだったので、いっしょに唄っている俺を見た彼は上がってこいと合図し、俺と植田は肩を組んで♪長いまつげの大きな瞳が~とデュエットしたわけだ。
他にビーチボーイズの「サーフィンUSA」も演って、俺は♪Inside Outside USAとコーラスをしたな。
ということは俺の唄声をスーちゃんは聴いていたわけだ。 天国のスーちゃん覚えてるかな。


トッピー全便欠航で

お客来れないし、桜花賞は外れるしでかなりの収入減となりました。
まさかね、無敗馬が全部すっ飛ぶとはびっくらこいた。 そういうもんです。 自分の思う通り決まってばかりいたら詰まらんよね。 だから競馬は楽しいわけです。
さあこの補てんは皐月賞で取り返すぞ。 また無敗馬が2頭いるな。 その1頭はさぶちゃんの馬ですね。 さぶちゃん単勝に1千万くらい買うんだろうな。 すまぬさぶちゃん、俺は消しだ。
おっとのんびりブログ書いてる場合じゃない、早く買物に行かないと商品がなくなるぞ。


 ★日本の名曲シリーズその109 - もう69歳なのか

吉田拓郎 「おやじの唄」
ヒット曲「旅の宿」のB面でした。 このメロディの起伏と会話のように唄うのがタクロー節というやつです。 ボブディランに影響をうけたのは間違いないですね。
Wikiによると子供の頃に両親は別れているそうなので、この唄の内容は彼の創作なのであろう。 小学生の子供に人を疑うことなんか教えないよね。
拓郎がオーディションを受けにいった時、お茶を出したのがデビュー前の森進一だとかWikiは楽しい逸話を教えてくれるね。
俺がギターを弾き始めた時、フォークの歌本には必ず拓郎の曲があり、たくさん歌わせて頂きました。 「旅の宿」は今でも完璧に弾けるぞ。
でもこの動画はなぜに高島アナなんだろう。 たしか親父は俳優だったけど何か関係あるのだろか。

ヤフーニュースに

離島の離島、口永良部島に医師着任と掲載されていました。 人口約150人ですが、島民は喜んでいるそうです。
行ったことないのですが、うちに泊った仕事客に聞いた話ですが、道路に牛が寝ていて通行できないとか、宿の食事は豪快でイセエビがドーンと一匹とかあったそうです。 天然温泉があり、療養のための長期滞在者もいらっしゃるようです。
一度行ってみたいのですが、近くともなかなか訪れることのできない島であります。

さて桜花賞、3連勝無敗の馬が3頭いますね。 心情的には3歳クラシック未勝利の柴田善臣君を応援したい気持ちがあるのでキャットコインに期待します。
そしてキャット-ルージュ-クイーンの女子らしい名前の3頭三つ巴でいこうって皆無敗馬じゃないか。 なんて詰まらん予想なんだ。
昨日阪神牝馬Sが的中して4千円プラスなので大勝負したろうかな。 無敗3頭とココロノアイをからめてこれから決めます。 ほんま詰まらん予想だ。 でも儲けは少ないでしょうが、当たるでしょう。 たぶんね。 ピンとくる穴馬がいなかったのである。


 ★日本の名曲シリーズその108 - 日本人らしくないセンス

花*花 「あ~よかった」
曲調がゴスペルとか黒人音楽のテイストを感じさせる。 Wikiを見てもそのような記述はなかったが、1人はジャズピアノを専攻していたそうだ。
これと「さよなら大好きな人」が連続ヒットするものの、活動休止でソロ活動。 だいたいこういう場合は喧嘩別れなのだが、彼女たちの場合はどうだったのだろう。 現在は再結成しています。
バンドの解散は方向性の違いとか言っているものの、ほとんどは金の分配問題だと言われてます。 曲を作る人、リードヴォーカリストは高給だが、単なるベーシストは収入が低い、とかね。 しかたないっちゃ仕方ないのです。
クールファイブは前川清がダントツのギャラを得て、♪ワワワワのメンバーたちは低収入でも、やってらんねぇよと脱退しませんでした。 やめてもつぶしがきかないですからね。 彼らは楽器ができるようですが、清のバックコーラスしてた方がいいよの正しい選択をしたわけです。
脱線しましたが、お2人ともピアノも上手、コーラスも完璧です。
変な穴狙いせず、固い予想であ~よかったとなるでしょーか。

雨降りが続いておりました

2日連続で犬の散歩しなかったのは何年ぶりだろう。 コロ助もいじけてます。
昼飯食ってから雨もやんだので、小屋の前の2日分のふんを掃除し、大興奮のアホ犬を連れてお散歩。 それほど暑くもなく快適な午後でした。
役場から狂犬病注射のお知らせ通知が来る。 3、400円か。 そろそろフィラリアの薬も買わなきゃな。 犬飼うのも銭がかかることよ。

電話予約で最近2度ほどあったのですが、「お宅は登山口まで送迎するサービスはしてますか?お金は払います」
宿では登山口の送迎はできません。 白タク行為になり違法です。 ときっぱりお断りすると、検討しますで電話は終わりました。 
これから予約してくれるのか、他の宿(送迎する宿あるの?)を予約するのか分かりませんが、良い登山客の皆様、島内の移動はタクシー、レンタカー、バスをご利用下さいね。



 ■外国名曲シリーズその71 - カヴァーの大傑作

スライ&ファミリーストーン 「ケセラセラ」
初聴きで別に大した曲ではないなと思うも、秀逸なカヴァーにより名曲に指定されることってあるよね。
ユーミンの作品は本人の歌唱が全ていいと思うのだが、この2つだけは彼女を超えてしまった。 と言い切る私なのであった。
それは井手麻理子が唄った「ハローマイフレンド」とaikoの「セシルの週末」だ。 このふたつを聴いてオリジナルを超えたと思ったのであった。 とくによくぞaikoにこれを唄わしたと感心するばかりである。 細かい説明はしないが、素晴らしい出来で、興奮しちゃうのである。
そしてこのケセラセラはドリスディ、ポールが4拍子に編曲したメリーホプキンで聴いて知っていたが、別に思い入れはなかった。
スライのヴァージョンを聴いて鳥肌たちましたよ。 同じ曲とは到底思えませんよね。 最高だ。

キャンセル部屋はお陰様で

即完売となりました。 あんなにお断りしていましたが、まだ部屋を探している人がいたんですね。
縄文杉のピークは5月3日or4日でしょう。 どちらもおそらく千人超えですね。 うちからはどちらも6人くらいかな。
タクシー相乗りで4時出発がいいかもね。 シャトルバスよりも先に登山口に到着するからね。 お客さんと相談してみましょうか。

この前お客さんが、縄文杉登山は数百人があんな狭い道歩くんだったら、ロープウエイかなんか作ったらどうだと言っておりました。 それは自然を壊すから無理でしょうと言うと、でもそういう所は世界中にたくさんあるよ。 確かにありますね。 ロープウエイなら何か所かに鉄塔を立てるだけだから、それほどの自然破壊にはならないかもね。
それよりも縄文杉近くにヘリポートを作ったらどうだ。 だったら直径2、30メーターくらいありゃできますね。
大型ヘリなら30人くらい乗せられるのかな。 2機導入してじゃんじゃん往復すれば1日千人くらいクリアできるんじゃないの。
んっ? 大反対の声が聞こえました。 ガイドさんたちからですね。 失礼しました。
実現するはずもない、しょうもない戯言でございました。



 ■外国名曲シリーズその70 - 洋画の中のGood Music

クリストファー・プラマー (ビル・リー) 「エーデルワイス」
屋久島の朝6時のチャイムが「エリーゼのために」からこれに変わってました。 毎朝私に挨拶するよという歌詞ですから「さわやかあいさつ日本一運動」の屋久島にピッタリの選曲ですね。
さて映画「サウンド・オブ・ミュージック」は映画館でも何度か観て、ブルーレイも持っていますが、公開されて今年で50周年、半世紀前の作品ですよ。 色あせないなぁ。
主演の2人は現役で頑張っておられるようですが、他の出演者、特に子役たちのWikiを見ようとするも空振りが多く、もう俳優の仕事はしてないみたいですね。
ロルフは今何やってんだろう。
プラマーの唄は吹き替えだって最近知りました。 本人は唄いたがっていたようですが、吹きかえる必要があったんかね。

trap his son
トラップ大佐と次男坊クルト by 45周年DVDのライナー



緊急連絡5月3、4日大キャンセルが

ありました。 とりあえずブログ、トップページにてお知らせし、後に観光協会に連絡することにします。
12畳1室、6畳1室の2部屋、理想は4、5人組と2人組の予約をお待ちしております。

今の子供たちは楽器に興味がないんかね。 俺らの時代は半数近くの男子がギターを持っていた。 女子は知らん、中高と男子校だったからね。
中には山田(当時の同級生)みたいにヤマハフォークギター、ギブソンSGなど買うも全く弾けず飾っておくだけのやつもいたし、松本(同じく同級生)みたいに頑張って練習するが、指が太いがためにコードを押さえるも開放弦がビビッてしまうやつもいた。
中2になったせがれの同級生にマイギターを持ってるやつはいるんだろうか。 たぶん1人もいないのであろう。 さみしいことよのぉー。
俺は今アコギ2本、ガットを1本持っているが、これまで何本買ったんだっけ? うーん・・・・トータル10本は買ってるな。 Gibson J-160E, MartinOOO-18, Fender Telecasterなどの本物も持ってたっけ。
ヤングボーイたちよ、ギター持とうぜ。 バンドやろうぜ。


fg130.jpg

45年前13、000円で初めて買ったYamaha FG-130
ステッカーは「Venus and Mars」「2003年阪神優勝」「Dark Side of the Moon」


 ★日本の名曲シリーズその107 - 邦画の中のいい曲

梶芽衣子 「怨み節」
このギターのイントロを聴くと背筋がゾクっとするんですよね。
映画はちょっとカルト的なシーンもありますが、彼女のブログによると「さそり」は世界で420本もリメイクされているそうです。
実際に唄っている最近の映像があったのはうれしいですね。 芽衣子さん顔力がすごい。 申し訳ないがやはり助手席には乗せるのは遠慮させて頂きます。
作曲は知る人ぞ知る菊池俊輔氏、彼の名は知らずともその膨大な作品には♪あんなこっといいな~など誰でも知ってる曲がたっくさんあります。


屋久島の週間天気予報の

意味の無さったらないね。 昨日も今日も晴れマークないのに、ずっと晴れてるやんけ。 
と思いきや、洗濯ものたくさん干してのんびりしてたらザーっと降ってきたり、ほんまめまぐるしく変わることよ。

本日せがれたちの新学期が始まりました。 長男坊は中2、英語はまだ大丈夫だが、数学は段々難しくなるも、まだギリギリ教えられるかな。
ボケ防止にいっしょに勉強するのだ。

昨日の記事の訂正をひとつ、前回書いた篠塚のベンツSLの話は俺じゃなくて人から聞いた話でした。
確か彼が「手伝いましょうか」と言ったらジロっと睨まれたと言っていたのを思い出しました。
篠塚といえば思い出すのが中日の新人投手近藤が初登板でノーヒットノーランの最後のバッターでした。
見てましたが、ラストボールのあれはストライクじゃないだろう。 動画がありました。 コースも高さも外れてるし、篠塚も自信満々見送ってます。




 ■外国名曲シリーズその69 - 死後にビルボード1位になったって

オーティス・レディング 「ドック・オブ・ザ・ベイ」
冒頭のコード進行はG-B7-C-A、俺みたいな凡人がもしこれを作ったらG-Em-C-D7 とかするだろうな。 だったら全米NO1になってなかったかも知れぬ。
この曲は初めて知ったのは中学時代の夏休みに軽井沢に行った時、泊った旅館でバイトしていた大学生に教えてもらったのだった。
当時はフォークソングブームで他のバイトの学生は休み時間に「遠い世界に」かなんか歌っていたが、彼は俺に黒人音楽の良さを話してくれたのだった。 
俺はビートルズからイギリスロックを聴きはじめた頃でよく理解できなかったな。
オーティスはわずか5年の音楽活動後、26歳で自家用飛行機墜落で死去。
やはり自家用機は危ないね。 自家用ジェット導入はやめとこう。



皆既月食が

うちからくっきり見えたのでブログに載せたろとデジカメで写真と動画を撮るも、手持ちだったので見るに堪えないものであった。 固定しなきゃダメだったんだね。
ここ数年屋久島で天体ショーがいくつかあったものの、ことごとく悪天候に見舞われました。 他のサイトでは綺麗な写真がアップされているのでそちらをどうぞ。

買物に車で走っていると前にビートルカブリオレが走っていた。 俺が昔欲しかった車である。
じじいにもなったし、屋久島ではさすがに乗りたい車はなくなってしまったが、もし金額に制限付けず何でも欲しい車買ってあげるよと言われたら何を選ぶだろう。
フェラーリとかポルシェは屋久島では非現実的だ。 とにかくバカ高い車は経費もかかるしガソリン食うし必要ない。 トヨタの「Mirai」は・・・ダメだ、水素ステーションがない。
やはりHondaのNボックスになるのだろうか。 何と謙虚なことよ。
ヤングで独身だったらベンツSLにしただろうな。 昔、車は二人乗りだと思っていた。 4人5人も乗るもんじゃない、バスじゃないんだからってね。
いつだったか後楽園の駐車場で巨人の篠塚がSLのルーフを取り付ける現場に遭遇したことがあった。 電動ルーフじゃなかったんだな、かなり苦労してたっけ。
ちょっとヤナセのサイトを見てと・・・AMGモデル3200万円、これにしよう。 Nボックス16台買えるぞ。
あとは買ってくれる人が名乗り出るのを待つだけだ。


 ■外国名曲シリーズその68 - Song For Driving Yakushima

テンプテーションズ 「マイ・ガール」
SLで屋久島の陽光を浴び、長い黒髪をなびかせながら聴きたいミュージックを思い浮かべたらこれが出てきたのだ。 長い黒髪は俺じゃないよ、助手席のうーん・・・浅野温子しか思い浮かばん。 山崎ハコも出てきたが、あまり同乗したくないな。
♪アイガラサンシャイン 飛ばすぜ温子(梶芽衣子がいたと思うもこれはちと怖い)、モッチョム岳がきれいに見えるぜ(他意はない)。
梶芽衣子といえばタランティーノ監督の「キルビル」で使われた「怨み節」、これは次の日本の名曲にしよう。


エイプリルフールで

日本でも色々とやらかしたみたいですが、面白かったのが「夏目漱石の未発表作品"嬢ちゃん"が発見されたが、こんなものを世に出したら氏の文学の権威が失墜すると公表されなかった」でした。
信じてもらってはこまるので、うちは出来るだけ荒唐無稽なことを考えて勝負しましたが、しょうもなくて失礼しました。

週間天気予報は明日から晴れマーク無しですね。 あてにならぬ屋久島の週間天気ですが、気温は夏日が続きそうです。
布団替え&俺は短パン半袖、ビーサンに衣替えになるでしょうか。 買い物は生ものがあったのでエアコン付けました。

今17時のチャイムが鳴ってます。 ♪ゴーイングホームが♪ゆうやけこやけに変わってました。



 ★日本の名曲シリーズその106 - 外国曲カヴァーの元祖かな

二村定一 「アラビヤの唄」
「君恋し」で紹介した二村さんの曲ですが、本当は外国曲です。 でも日本のにしちゃいましょ。
何とも哀愁を帯びたメロディが心をくすぐります。
敬愛する小林亜星さんが昔のテレビ番組だったかな、この曲が音楽の道に入るきっかけになったと話しておりました。
亜星さんといえばこれまた良い意味での節操のない活躍には関心させられますね。
もう80歳を過ぎてしまいましたか。 寺内貫太郎はもう無理ですね。



この度華のやは建て替えて

本日リニューアルオープン、「HOTEL HANANOYA」として営業を始めます。
そしてプライベートジェット機、クルーズ船、ヘリコプターを導入しました。
予約のお客様は世界各地の空港まで「AprilFool号」でお迎えにあがりますが、
屋久島空港には着陸できませんので、パラシュートでの着地となります。
クルーズ船「プリンセスハナノヤ号」で屋久島一周をお楽しみ下さい。 キャプテンには加山雄三を雇いました。
ヘリコプターは2機導入いたしましたので、宮之浦岳、縄文杉へは歩く必要はありません。
しかし着陸はできないのでロープを伝って下りて頂くことになります。
それぞれ所要時間は半日で両方ともお楽しみ頂けます。 
ジェット機送迎、クルーズ、遊覧ヘリとも全て宿泊料に含まれておりますので、是非ご利用下さい。
フレンチの巨匠坂井宏行シェフを引き抜きました。 フレンチフルコースをご堪能下さい。
そして海外からアーチストを招き、月替わりでディナーショーをお楽しみ頂けます。
4月はマドンナのステージを楽しんで頂く予定です。 5月は東京ドームのコンサートを終えたポールマッカートニーが来てくれます。
なお宿泊料金は据え置き税込6、800円とさせて頂きます。 皆様の予約をこころからお待ちしております。



 ■外国名曲シリーズその67 - これじゃなかったんだよ

サイモン&ガーファンクル 「四月になれば彼女は」
ディオンヌ・ワーウィック「エイプリルフール」を今日にとっときゃ良かった。 去年紹介してしまったのだ。
この曲は4月から9月までを唄っており、4月に現れた彼女は8月に死んでしまうというシンプルで短い曲ですが、詩人ポールサイモンならではの曲ですよね。
ちなみに亡き土居まさるが唄った「カレンダー」は1月から2月にかけて出会い、12月に結ばれ、
翌年の12月に別れるという歌でした。 土居まさるといえば「セイヤング」 長くなるからやめとこ。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する