2017-06

また送迎のお願い

のTELがありました。 ということは他の観光地の宿では小1時間もかかる登山口まで送迎するのだろうか。 その土地のタクシー、レンタカー会社とのからみはどうなのだろう。 
「登山口まで送迎」で検索かけてみた。 あれま、たくさんありますねぇ。 でも華のやではいたしかねますのでご了承下さい。

うちにかかってくる電話は私のケイタイに転送されるのですが、業者関係を除けば9割近くがケイタイからですね。 個人の方は固定電話使わないんでしょう。 というか電話機がなかったりするんでしょうか。
その固定電話の料金ですが、こちらからかけることはあまりないのに明細を見ると携帯電話への通話料がかなり発生しているのです。 固定電話からケイタイにかけることはほとんどないのにとNTTに問い合わせをしようかなと思いきや、あっそうか、俺のケイタイに転送しているからなのであった。

さて皐月賞、上位に入りそうな馬がたくさんいて当たったらラッキーって感じですね。 熟考(それほどしてない)の結果リアルスティール、ペルーフ、ダノンプラチナの3頭で勝負します。 
全く自信がありません。 ブログに予想を書いて当たったことが今まであったか・・・覚えがない。 当たったよと的中画像を載せたのは事前予想をしてない時ばかりじゃなかったかな。 
馬券を買おうという方はこの3頭を外して買うことをお勧めいたします。



 ■外国名曲シリーズその73 - 芸能人がらみその3

トリオ・ロス・パンチョス 「ベサメムーチョ」
ビートルズマニアの俺はよく六本木のキャバーンクラブに行っていたが、いつも混んでいて2階に上がる階段で並ぶんだよね。 小1時間(書くの2度目)待たされてやっとテーブルに着いた俺たちに、「先に来てたのォ、お待たせェ」みたいなことを言ってケバイねーちゃん2人がおなじテーブルに座ったのであった。
その中の1人が横山エミーだった。 こいつら並ばずに入ってきやがったなと思うも、勢いに負けてしまったのだった。 時々テレビで見るなくらいだったが、最初はよろしくぅなんて言いながら、馴れ馴れしく肩やら背中やら触ってきたのを覚えている。
その後この2人は俺たちのことなんか無視して、演奏など聴かずにベラベラしゃべくり長い時間いなかったんじゃなかったか。 会計はどうなったのかは覚えていない。
ウィキによると、エミーはその後近鉄の投手と不倫した後、セクシー路線に向かうのでありました。
この曲はビートルズがキャバーンクラブに出演していた頃のポールのレパートリー、当時の演奏はオリジナルよりもカヴァーが多かったのです。
トリオロス~のギターのキレが素晴らしいですね。 これはレキントギターといって高い音が出ます。 日本ではロマンチカの鶴岡さんが有名ですね。
日本大好きな彼らは数多く来日公演をし、「その名はフジヤマ」という曲を作りました。 アントニオ古賀がカヴァーしています。 なぎらけんいちかと思った。






スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hananoya.blog56.fc2.com/tb.php/225-6d7b5eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Aコープに買物に «  | BLOG TOP |  » さよならキンキン

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する