2018-07

夜10時過ぎにYoutube観ながら

洗い物してたら石田ゆり子に「こんなに遅くまで大変ですね。 お疲れ様です」
と言われました。 嬉しかった。 残りを洗い終わって、米といだら終わるのは11時まわるのかな。 コーヒーではなくちょっと焼酎飲んでちょっと何か食べてシャワーして寝るのは0時近くなります。 翌日は3時半起きでしたが、ゆり子さんの励ましで元気になりました。
先月末くらいからは平均睡眠時間は5時間以下でしょう。 長年のことで慣れているのですが、団体さんが3泊した数日前は片づけが終わったのが1時くらいで寝たのは1時半、起きたのが4時が2日連続でした。 さすがにきつかったですが、まるで全盛期のピンクレディみたいなもんです。 睡眠時間2~3時間と言ってましたね。 ミーちゃんケイちゃんに出来て俺に出来ぬはずはないと頑張った次第です。
売れっ子芸能人はこういう不摂生な生活を強いられているから、それが原因で若くしてお亡くなりになってしまうでしょうか。 秀樹さん残念でした。
ニュースのリンクに心不全の予防のための食事があったので見てみたら
○低脂肪
○糖質控えめ
○適性カロリーの食生活
○減塩(1日6g未満)
○不飽和脂肪酸を多く含む青魚を食べる
○野菜から食物繊維、ビタミン、ミネラルを補う
○適量のアルコール摂取(日本酒1合)
○適量のカフェイン摂取
とありました。 これって全て俺に当てはまっているじゃん、やばいな長生きしてしまうなって前にも書いた覚えがある。
皆さまも偏った食事は避け、酒飲みの方は飲み過ぎに注意しましょうね。




★日本の名曲シリーズその197 - フォーク、ニューミュージックその2

荒井由実 「返事はいらない」 (1972)
ニューミュージックといえばこの方を除いては語れません。
故かまやつ氏プロデュースによるデビューシングル、これよりも切れのあるアルバムバージョンの方がいいですね。
ユーミンのレコードは荒井時代の4枚しか持っていませんでした。 松任谷時代の初期はレンタルなどで聴いてましたが、何かが違うなと感じておりました。 思うに彼女が潜在的に持っていたものが抽出され、それらを紡いで詩、曲として生まれた作品が荒井時代、それらが枯渇したものの彼女が持つ才能によって多くの楽曲が作られましたが、何故か共感できるものがなかったんですね。 調べてみたら1982年から発売されたアルバムは全く聴いていませんでした。
とか何とか言って松任谷時代で好きな曲もたくさんあるんです。 「最後の春休み」「スラバヤ通りの妹へ」「水の影」などね。
ちなみにWikiでアルバムの参加メンバーを見ていたらシンセサイザープログラミングで浦田恵司氏がクレジットされてましたが、屋久島出身の売れなかったシンガーと昨年熟年結婚した人です。 うちにも時々遊びに来てくれたことがありました。
このライヴはバックはダンナ、鈴木茂、ユキヒロ、夏木マリのダンナという豪華メンバーでどうぞ。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hananoya.blog56.fc2.com/tb.php/477-c1fe8792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハードな登山者に «  | BLOG TOP |  » 昨日スーパーで買物してたら

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する