FC2ブログ

2018-12

25号が24号と同じようなルートを

辿って来ると思いきや、かなり西に逸れそうです。
24号が爪痕を残していきました。 淀川は開通しましたが、荒川登山口は倒木のため明日も登山バス運休です。 

25go.jpg

しかしキャンセルが今現在2件、保留が1件、明後日から久々の満室だったのにね。 スプリンターズSも不的中、お馬さんも頼りにならんわい。

書こうと思って忘れていましたが、数日前にフジで27時間テレビやってました。 食に関する特集でビートたけしに美味いもん食わせようみたいな内容でした。
そして屋久島登場、首折れサバを空輸して刺身とさばすきをたけしに食べさせたところ、「うまいけど、俺はサバは焼いたほうが好きだ」だってさ。 あまり宣伝効果なかったかな。
ちなみに私は刺身を好んで食べないので、武さんと同意見ですが、刺身好きな方には是非一度ご賞味して下さいませ。



■外国名曲シリーズその181 - クラシック音楽その1

ラフマニノフ 「ピアノ協奏曲2番」
とうとうクラシックもシリーズ化してしまいました。
いわゆるポピュラー音楽は散歩しながらとか、焼酎飲みながら聴いてもいいけど、クラシックというものはながら聴きはしてはいけない気がします。 そしてやはり生で聴くべきでしょうね。 とか言いながら一度もコンサートに行ったことがありません。 いや一度くらいはあったかな。
そして辻井君のこの演奏、彼のすごいところは演奏だけではなく、この膨大な音符を点字譜面で覚えることでしょう。 その練習風景を見てみたいです。 並大抵な努力ではないはずだと思います。
前にも書いた覚えがありますが、彼は浅田真央ちゃんの大ファンなんです。 なんとか結びつけてあげたいなぁ。 そして二人でピアノ生演奏とフィギュアスケートでツアーしたら、世界中引っ張りだこでしょうな。
冒頭のジャンドン、ジャンドン~からオーケストラの旋律は聴くたびに鳥肌が立ちます。

尾之間三山

とはモッチョム岳、割石岳、耳岳だそうです。
華のや3度目のリピーター客は屋久島の主な山は登りつくしたため、これらを山中1泊をガイド付きで出かけました。 モッチョム以外は登山道がないので道なき道を歩き、ほとんど雨の中で山ヒルに噛まれまくられたそうです。
このガイドさんはこの三山もちろん経験者でしたが、今回は悪天候のため、山2泊となり残念ながらピークには到達できなかったそうです。
昨日下山後シャワーも浴びず着替えだけしてトッピー最終便で帰りました。 来年華のや4度目の宿泊となりそうです。 

さて台風は明日早朝がピークのようです。 まだ950hPaありますね。 その後また徳島通って大阪に向かいますね。 進路にお住まいの皆様、くれぐれもお気を付けください。
スプリンターズSは今日買っておこう。 今回は素直に⑧ファインニードルから⑤⑪⑯あたりに流しましょう。



★日本の名曲シリーズその216 - 昭和歌謡黄金期50年代~70年代前半その22

中山千夏 「あなたの心に」 (1969)
ドラマ「お荷物小荷物」に出てました。
多才な人で、この自作詞も素敵ですよね。 都倉俊一の作曲デビュー作でもあります。
現在も頑張って活動されているようですが、レモンちゃんこと落合恵子と同じで左おばさんになってしまいました。 「ひょっこりひょうたん島」の博士の声や前出のドラマのイメージがあります。
G-Em-Am7-D7の循環コードですね。 今ギター弾いて唄ってみました。 千夏さん、今歌ったらどんな声なんだろ、聴いてみたいような・・・・


直撃かもしれません

米軍の予報によると30日の午前中に屋久島に上陸しそうです。


chougekikayo.jpg


今915hPa、勢力を保ったままやって来たら天災に強い屋久島もやばいかも知れません。 今から対策しておきましょう。
日曜日ですね。 停電したらスプリンターズS買えないじゃないか。 最近馬券が調子いいだけにこまりますな。




■外国名曲シリーズその180 - ロック、ポップス黄金期50年代~70年代前半その27

サムクック 「ワンダフルワールド」 (1960)
「~はあんまりよく分かんねぇ」と繰り返し唄われます。
ソウルの名曲を多く世に残しましたが、若くして大スターらしからぬ最期をとげてしまいました。 才能あふれるシンガーだっただけに残念でした。
今spotifyで聴いてますが、バラードもダンスフルなナンバーもいい曲ばかりです。

安房中ステークス

先日体育祭にて1500メートル競走がありました。
11頭一斉にスタート、2頭が抜け出しそのまま1、2着でゴール、わが愛馬?マツノヒナータは中団の後ろをキープ、最後の1ハロンで出走者最高の上りタイムで追い上げるも3着で、複勝にからみました。
ちなみに昨日阪神最終レースにメイショウヤクシマが出走、前走人気薄で1着になった時的中したよなと、今回も9番人気で人気馬2頭と馬連BOXで購入してみました。 メイショウも中団の後ろから直線怒涛の追い込みも届かず3着、人気馬が1、2着で決着で5倍が当たりました。

1500.jpg
ビデオボタンを押したはずがスタートの写真が残ってました


この前カラオケ動画をYoutubeにアップした人が書類送検されましたね。 このブログで利用させて頂いたことを書きましたが、観る分には問題ないのでしょうが、この事件によりカラオケ映像が減るのかと思いきや全くそんなことないようです。 Youtubeと著作権の問題ってよく分かりません。




★日本の名曲シリーズその215 - 60~80年代アイドルその7

あおい輝彦 「二人の世界」 (1971)
ヴォーカルグループ「ジャニーズ」でアイドルの元祖的存在でしょうか。
他に「あなただけを」が大ヒットしましたね。 しかし歌手というよりも水戸黄門のイメージが強いです。
栗原小巻さん可愛かったですね。 最近全然お見掛けしないなと調べてみると少しはテレビ、映画に出演されているようです。 おやおや独身をお貫きされているんですか。
当時木下恵介アワーというドラマ枠がありましたが、これも調べてみるとひとつも観た覚えがありませんでした。 当時俺は何を観てたんだろう。 「お荷物小荷物」「時間ですよ」「坊ちゃん」(竹脇無我)「パートリッジファミリー」などでした。 懐かしい。


ロケット打上げ再々延期

あのご夫婦はさぞかし落胆していることでしょう。
場所を取られるから車を動かせず車中泊2泊で風呂にも入れず、濡れティッシュで体を拭くのだそうです。 近くに店がないから買い込んだ食料で粗食に耐えながら待機するもとても残念な結果になってしまいました。 推進系のトラブルで、打上げ日は未定だそうです。 Iさんご夫婦は傷心の帰路でしょうが、くれぐれも気を付けて運転されて下さい。
うちのお客も「あの場所から」ロケットが上がっていきます、と教えてあげ早起きして安房港まで見学に行きましたよ。 種子島島民も含めた見学者数万人のため息が上空に舞い上がり、雲となって涙雨を降らせたことでしょう。 仕方ないことですが、本当に罪作りだわ、JAXAって。 おっ本日の紹介曲が決まりました。



★日本の名曲シリーズその214 - 60~80年代アイドルその6

柏原よしえ 「あの場所から」
Kとブルンネンがオリジナルでした。
しかし全くヒットせず、いい曲なのにもったいないと朝倉理恵がカヴァーするもまたまたヒットせず、よしえちゃんならどうだと、やっとこ陽の目を見ることになりました。
わたしもよしえさんで知りましたが、iphoneには朝倉ヴァージョンが入ってます。 ちなみに浩宮様は彼女の大ファンでしたね。
しかし筒美京平はこんな曲、パパパッと作っちゃうんだろな。 天才である。


ロケット打上げ延期

により急遽屋久島観光に切り替えた年配ご夫婦にマイカーにてお泊り頂きました。
豪雨の中縄文杉登山で沢登り沢下り、滝行も経験され、自分勝手なガイドに激怒するも展望デッキでは親切なガイドにシャッターを押してもらい、怒りが少し緩和されたということでした。
昨日のニュースで14日に打上げが決まると、本日の太陽丸にて再び種子島へ、食料を買い込み今日から2泊駐車場泊だそうです。 そこまでして見たい打上げ、再延期されないことを祈っております。

せがれどものカラオケパーティで歌われた「スターティングオーバー」はジョンではなく、ミスチルの方でした。 彼らはビートルズナンバーのタイトルで「トゥモローネバーノウズ」など何曲か作ってますね。 ちなみにわたしは彼らの曲はほとんど知りませぬ。



★日本の名曲シリーズその213 - 60~80年代アイドルその5

松本典子 「春色のエアメール」
エポの作品ですね。
当時はニューミュージック系のアーチストがよくアイドルに曲を書いてました。 ユーミンや細野晴臣、チューリップの財津など大ヒット曲がたくさんありました。 中にはあまりよくないものもありましたが、この曲は名曲だと思います。 シングル盤持ってました。
今は何してるのと調べてみたらヤクルトの選手と結婚したんですね。 時々テレビにも出てるようです。

カラオケ大会

が華のやの食堂で盛り上がりました。
お客がいなかったので、体育祭後にせがれの同級生たちが集まったのでセッティングしてあげました。 このローランドのアンプ(Mobile Cube)にマイクを繋げ、Youtubeでカラオケ映像をテレビに映す方法です。
Youtube何でもあります。 どんなの歌ったんだと履歴を見ましたが、アニメ関係やらほとんど知りませんでしたが、おっ、ジョンの「Starting Over」があったのはびっくり、親父か爺ちゃんの影響か。

kara1.jpg

kara2.jpg


さて愛馬ジーナアイリスは新馬戦で3着でした。 単勝と断然の1番人気馬との馬連を買ってましたが。ゴール前差され1着3着で外してしまいました。 
それでも1/500口でも2,500円くらいのおこづかいを稼いでくれました。 次走は1番人気で勝利間違いないと思いますので持ち金全て単勝勝負して下さい。 倍になります。



■外国名曲シリーズその179 - ロック、ポップス黄金期50年代~70年代前半その26

ビーチボーイズ 「バーバラ・アン」 (1965)
オリジナルは1961年リリース、リージェンツという知らないバンドだったのを今知りました。
この曲を含むアルバム「ビーチボーイズパーティ」は大好きな作品で、こういう風な音楽が演りたいと思ったものでした。 リビングに6人くらい車座に座り、ギター3本、タンバリン、コンガ、ピアニカなどの構成で、他に女子が4人くらい居てワチャワチャ騒いで、時々コーラスしたりしてね。 誰かが選曲して唄い始め、ほかのメンバーが合わせていく。 知らない曲でもコードを見たらいっしょに演奏できますね。 spotifyにあったので今こればかり聴いてます。 ほとんどカヴァーです。

週間天気予報は晴れマーク

無し。
本日は陽が差したかなと思うと豪雨になったり不安定な空模様でした。 白谷に行った若者たちは沢の増水により途中で引き返してきました。 明日はせがれの高校体育祭ですが降水確率は60%、開催微妙です。

さて我が愛馬シルクドリーマーは先週5着で、1/500口でも3千円くらいのおこづかいを稼いでくれました。 そしてもう一頭の愛馬ジーナアイリスが明日4レースに初出走します。 クラブによると初戦からいきなりというよりも、徐々に良くなるタイプだそうで、掲示板に入ってくれればいいかな。 ダート血統なので地方のグレードレース狙いです。 
本日ちょっと儲かってしまったので、明日大勝負したろかな。 的中したらワーゲンビートルを買おう。



★日本の名曲シリーズその212 - 昭和歌謡黄金期50年代~70年代前半その21

藤純子 「緋牡丹博徒」 (1968)
純子さん美しい、健さんかっこいい。
「ほんなこつ」「そぎゃんこつ」など純子さんの熊本弁も素敵でした。 ほう、8作も作られたのか、暇なときに連続で観てみましょ。
当時の東映は大スターを抱え、日本映画界を席巻していましたね。 わたしもリアルタイム、レンタルビデオなどでかなりの本数観てます。
純子さん、実際歌っている姿は観たことありませんが、悪くないですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

HananoyaJun

Author:HananoyaJun
・昭和中期東京深川生まれ、東京(砂町)~千葉(野田、流山)~東京(錦糸町)~千葉(市川)~横浜(天王町)~東京(東北沢)~東京(荏原町))と転々とした後1993年屋久島に移住、民宿業を営み現在に至る。

・好きな食べ物飲み物:
厚揚げ焼き、納豆、ミソラーメン、焼肉のミノ、もつ煮込み、南部せんべい、芋焼酎、バーボン、グレープフルーツジュース

・注文しない食べ物飲み物:
刺身、お好み焼き、フランス料理、かに料理、ふぐ料理、果物、日本酒、ワイン

・最近食べたくなくなった食べ物:
パン粉の揚げ物

・唯一食べられない食べ物:
西瓜(虫の餌or砂浜で割って遊ぶものと思う)

・好きな音楽:
60~70年代ロック、同じく歌謡曲、ボサノバなど。 Midiコーナーで紹介している曲など範囲はかなり広い

・好きな女優:
緑魔子、伊佐山ひろ子、海老瀬はな

・観ていない映画:
スターウォーズシリーズ、宮崎駿の作品、ロッキーシリーズ

・なんと未経験なもの:
プリクラ、ファミコンなどテレビゲーム(全くゼロではないけれど)、40年タイガースファンにもかかわらず甲子園観戦

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する